ドコモ、スマホ決済サービス「d払い」を2018年4月から提供へ 画面のバーコードだけで支払い可能に

17日、NTTドコモは、スマホ決済サービス「d払い」を2018年4月から提供することを発表している。

「d払い」は、スマホに表示させたバーコードやQRコードを、d払い加盟店のPOSレジや決済端末に読み込ませるだけで、キャッシュレスで支払いができるスマホ決済サービス。

支払い時には、金額に応じたdポイントが付与される仕組みになっており、実店舗では200円(税込)につき1ポイント、オンラインでは100円(税込)につき1ポイントを貯めることができる(d払い加盟店の詳細はこちらから確認可能)。

料金の支払い方法は複数あり、毎月の携帯料金と合算して支払う電話料金合算払いやクレジットカード払いのほか、ドコモ口座の残高を利用したり、dポイントを1ポイント1円(税込)として利用することも可能であるとのこと。

d払い加盟店は今後拡大していく予定であるとのことなので、日頃の買い物をキャッシュレスで気軽に済ませたい方、もしくはdポイントを貯めたい方は同サービスを利用してみてはどうだろうか。提供開始は2018年4月が予定されている。

 

ちなみに、「d払い」のサービスを利用するにあたって、申し込みや月額利用料金は不要。App StoreやGoogle Play、ドコモのホームページから「d払いアプリ」をダウンロード・インストールし、簡単な初期設定を済ませるだけですぐに利用することが可能だ。

ただし、支払い時には毎回専用アプリを立ち上げなければならないという手間が発生するので、スムーズさはApple Payに比べると劣るかもしれない。まだApple Payを使ったことがないという人は、以下の記事を参考にどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。