ドコモ、スマホ用子機 「ワンナンバーフォン」 発表 1つの電話番号を2台で共有可能

10月17日、NTTドコモはスマホ用子機 「ワンナンバーフォン」を発表した。価格は9,720円、発売は10月下旬を予定している。

親機のスマートフォンの電話番号を共有して使うことができる「ワンナンバーフォン」が登場

「ワンナンバーフォン」は、親機のスマートフォンの電話番号を共有して使用するデバイスで、メインのスマホ料金に加えて月額500円を支払うことで使うことができる。

これまでワンナンバーに対応したデバイスは、Apple Watch Series 3あるいはSeries 4だけだったが、これにワンナンバーフォンが加わる形。手のひらにスッポリと収まるサイズ感になっており、近年大型化したスマートフォンを使って通話する必要がなくなるだけでなく、「ちょっと近くへ外出」などスマートフォンが必ずしも必要ないときに、スマートフォンの代わりに持ち出すこともできる。

ワンナンバーフォンには小さな画面が搭載されており、現在時刻のほかに発着信履歴の確認もできる。また、テンキーもフィーチャーフォンのデザインを踏襲しているため、とても押しやすくなっている。音声通話は音声がクリアに伝わるVoLTEを採用する。

ワンナンバーフォンは10月下旬に販売が開始される予定。価格は9,730円で、ドコモオンラインショップではすでに予約受付が開始されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。