ドコモ、「エコノミーMVNO」 との連携に合意。ドコモショップでエコノミーMVNOの料金サービスが契約可能に

docomo

NTTドコモは、dアカウントやdポイントなどを活用する 「エコノミーMVNO」 として、フリービットとNTTコミュニケーションズの2社との連携に合意したことを発表した。

同連携により、まずは10月21日からNTTコミュニケーションズの 「OCN モバイル ONE」 がエコノミーMVNOとしてサービスの提供を開始し、ドコモショップでの新規契約などが可能になる。12月からはフリービットの 「トーンモバイル」 もサービスの提供を開始する予定だ。

ドコモがエコノミーMVNOと連携、ドコモショップでの新規契約などに対応

ドコモが定義する 「エコノミーMVNO」 とは、ドコモとの連携について合意し、以下の特徴や機能をもった料金サービスを提供するMVNOのことを指すという。

  • 低廉で小容量の料金プランを提供
  • マイページへのアクセスやサービス認証等にdアカウントをメインで使用
  • dポイントクラブ加盟店となり、通信料、サービス利用に対してdポイントを付与
  • 通信料金へのdポイントの充当が可能

ドコモが重視したのは、ドコモで提供されている小容量プランよりもさらに低廉な料金サービスを希望するユーザーのニーズに応えられるサービスを提供することであり、最初のエコノミーMVNOとして、フリービットとNTTコミュニケーションズの2社が合意に至った。

今後、両社が提供するエコノミーMVNOの料金サービスが全国のドコモショップで契約可能になるほか、利用料金に応じたdポイントの進呈、マイページなどでのdアカウントでの認証、通信料金へのdポイントの充当などの連携を展開していく。また、ドコモは今後もその他のMVNOと引き続き連携に向けた協議を実施していくとのこと。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。