ドコモ、定期契約解約時の解約金・解約金留保を廃止。定期契約も受付終了

docomo

9月21日、NTTドコモは、定期契約の料金プランを解約する際に発生していた 「解約金」 「解約金留保」 制度について、2021年10月1日からどちらも廃止することを発表した。

上記変更に伴い、現在提供中の2年定期契約プランについては、2021年9月30日をもって新規受付終了となる。

解約金・解約金留保が10月1日をもって廃止へ

現在ドコモでは解約金がない新料金プランを提供中だが、旧料金プランを継続して契約していて、契約期間の途中でドコモを解約した際には、規定の解約金を支払う必要があった。

また、旧料金プランから解約金のない新料金プランに変更しても、旧料金プランの契約期間満了までは解約金が発生する 「解約金留保」 という制度も設けられていた。

この 「解約金」 「解約金留保」 が2021年10月1日をもって廃止される。つまり、解約金が発生する可能性がある条件でドコモを契約していても、10月1日からは解約金なしでドコモを解約することができるようになる。

  〜2021年9月30日 2021年10月1日〜
解約金 ①2019年9月30日(月)までの料金プラン
2年契約:途中解約で10,450円(税込)の支払いが必要
1年契約:途中解約で3,300円(税込)の支払いが必要
廃止
②2019年10月1日(火)以降の料金プラン
2年契約:途中解約で1,100円(税込)の支払いが必要
解約金留保 上記①の料金プランから②の料金プランへ変更した際、①の契約満了月までは変更前プランの解約金が留保される。
上記②の2年契約から定期契約なしプランへ変更した際も、同様に解約金が留保される。

今回の変更に伴い、2年定期契約プランの提供は2021年9月30日をもって終了となる。

また、旧料金プランの 「ずっとドコモ割コース」 契約者に対して、2年定期契約を更新した際にユーザーに進呈されていた 「更新ありがとうポイント」 の提供も、2021年10月1日をもって終了となるとのこと。

関連記事
iPhone 13 全種類の性能・違いを比較。iPhone 13 mini/13/13 Pro/13 Pro Max、オススメはどのモデル?
iPhone 13 価格比較。Apple公式サイト、ドコモ、au、ソフトバンク安く買えるのはどこ?発売日・予約開始日もチェック

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。