MRヘッドセット 「Magic Leap 1」 、NTTドコモから5月以降発売

3月18日、NTTドコモはMagic LeapのMRヘッドセット 「Magic Leap 1」 を国内で初めて発売することを発表した。発売は2020年5月以降を予定している。価格は未定だが、参考までに同製品は海外で2,299ドル(約25万円)で販売されている。

MRヘッドセット 「Magic Leap 1」 がドコモから発売

「Magic Leap 1」 は、Magic Leap社の軽量なウェアラブルヘッドセット。リアルとデジタルを融合したインタラクティブな世界を提供、モニターがなくてもシームレスにデジタルコンテンツに見て触れることが可能だ。

たとえば自宅のリビングでゲームコンテンツを利用した場合、実際のリビングの壁からキャラクターが出てきたり、テーブルの上にキャラクターを置いて歩かせることができるなど、これまでにない臨場感あるインタラクティブな体験ができる。

「Magic Leap 1」 はLightwear(メガネ型のヘッドセット)、Lightpack(プロセッサ兼バッテリーユニット)、6方向を認識できるコントローラーの3つで構成される製品。ヘッドセットに内蔵された9つのセンサーで空間を認識し、壁やテーブルの上にオブジェクトを配置することができる。

NTTドコモは 「Magic Leap 1」 を業務効率化や新たなコンテンツサービスの開発、法人企業向けソリューション開発など、さまざまな分野でMR技術の活用を検討している法人、個人ユーザーを含むXRコンテンツクリエイター向けとして販売するとしている。

同製品はドコモオンラインショップおよび全国のドコモ法人営業部門にて購入可能。発売は2020年5月以降を予定しており、2020年3月末から全国102店舗のドコモショップにて 「Magic Leap 1」 が展示される予定だという。

関連記事
ドコモ、「Galaxy S20/S20+ 5G」 を発売 本日より予約受付スタート
ドコモ、「Xperia 1 II」 2020年4月下旬発売 予約受付が本日からスタート

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。