ドコモとソフトバンク、迷惑SMS対策機能を2022年春に提供開始へ

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

1月13日、NTTドコモとソフトバンクは、フィッシング詐欺を未然に防ぐ迷惑SMS対策機能を提供することを発表した。提供開始時期は、ドコモは2022年3月中旬を予定、ソフトバンクは2022年春頃を予定している。

NTTドコモ

ドコモが提供する 「危険SMS拒否設定」 は、不正なアプリのインストールを誘導したり、個人情報を盗み出すサイトへ誘導するSMSをドコモ側で自動判定し、ユーザーが受信しないようにするというもの。

本機能は提供開始後、申し込み不要で自動適用される。ドコモ回線およびahamoを契約しているすべてのユーザーが無料で利用可能だ。

ソフトバンク

ソフトバンクは迷惑SMS対策として、「なりすましSMSの拒否」 「URLリンク付きSMSの拒否」 「迷惑SMSフィルター」 を提供開始する。また、従来から提供されてきた 「電話番号メール拒否・許可」 では、従来での電話番号での入力指定に加えて、新たにアルファベットでの入力指定を追加する。

ソフトバンク 迷惑SMS対策
項目 内容
なりすましSMSの拒否 差出人をソフトバンクなどと詐称したSMSを拒否できる。
URLリンク付きSMSの拒否 本文にURLが含まれているSMSを拒否できる。携帯電話番号から送られてくるSMSが対象。
迷惑SMSフィルター 機械学習 (マシンラーニング) による解析を活用し、送られてくるSMSを迷惑SMSかどうか判断し、拒否する。悪意のあるウェブサイトへ誘導するようなSMSなどに非常に有効。
電話番号メール拒否・許可 従来の電話番号での入力指定に加えて、新たにアルファベットでの入力指定を追加。これにより発信元がアルファベットで表示されている迷惑SMSも拒否できるようになる。

上記迷惑SMS対策は、ソフトバンクやワイモバイル、LINEMOを利用中のユーザーは無料で利用できる。

「なりすましSMSの拒否」 と 「迷惑SMSフィルター」 は、提供開始後申し込み不要で自動で適用され、そのほかの機能についてはMy SoftBank、My Y!mobile、My menuまたは法人コンシェルから設定を変更できるとのこと。

関連リンク
報道発表資料 : フィッシング詐欺を未然に防ぐ「危険SMS拒否設定」の提供を開始 | お知らせ | NTTドコモ
迷惑SMS対策機能を提供開始 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。