dポイントカードがApple Payに対応。獲得ポイント7倍キャンペーンを実施

2月18日、NTTドコモは 「dポイントカード」 がApple Payに対応したことを発表した。

今後はiPhoneやApple WatchのWalletアプリにdポイントカードを登録することが可能に。これまでは会計時にdポイントを貯めたい場合は物理カードを提示したり、dポイントアプリを開く必要があったが、今後はWalletアプリから即座に提示して貯められるようになり、そのままApple Payで支払いを済ませることができるようになった。

dポイントカードが 「Wallet」 アプリに対応

Walletアプリにdポイントカードを登録しておけば、決済時に決済端末にiPhoneもしくはApple Watchをタッチするだけでdポイントカードが読み取られる。あとは 「iD」 「Suica」 「QUICPay」 と決済方法を店員に伝えるだけでdポイントを貯めながら希望する決済方法で決済することが可能だ。

dポイントカードとApple Payでの決済を同時に完了したい場合は、店員に 「Apple Payで」 と伝えてiPhoneやApple Watchをタッチするだけでdポイントカードの読み取りとApple Payの決済を同時に完了する。

ちなみに、dポイントカードのWalletアプリ対応と同時に、ローソンでの会計時にApple Payで支払うとdポイントが7倍になるキャンペーンが発表されている。

同キャンペーンに参加するには、Walletアプリにdポイントカードを登録した状態で、iPhone・Apple Watchを決済端末にタッチしてポイントを貯め、かつApple Payで支払いを行う必要がある。dポイントの物理カードやdポイントアプリ上でカードを提示した場合は対象外となるので注意だ。

キャンペーン期間は本日2月18日から4月17日まで。ポイントの付与は後日行われる予定となっている。

関連記事
ドコモ、2月からローソンでdポイント20倍キャンペーン開催
NTTドコモ、メルカリ・メルペイと業務提携に合意 d払いとメルペイの残高連携や加盟店の共有化も推進

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。