『ドラゴンズドグマ 2』が発売決定。カプコンが手がける新作オープンワールドARPG、10年ぶりのナンバリング作

6月17日、カプコンはシリーズ10周年記念番組 「ドラゴンズドグマ10周年ファンミーティング」 を配信。イベント内で『ドラゴンズドグマ 2』の制作を発表した。

『ドラゴンズドグマ 2』は、カプコンが手がけるオープンワールドアクションRPGシリーズ『ドラゴンズドグマ』の最新作。初作は2012年5月に発売、その後拡張タイトルなどが販売されたが、ナンバリング作が制作されるのは10年ぶりとなる。

本作の詳細はまだ明かされていないものの、ゲームエンジンにカプコンの自社開発エンジン 「RE ENGINE」 を採用すること、ディレクターの伊津野英昭氏や池野大悟氏、鈴木謙一氏をふくむ初代『ドラゴンズドグマ』のクリエイター陣が参加することなどが明らかにされている。

『ドラゴンズドグマ』は、ハイファンタジーの世界で思うがままに“冒険”を楽しむオープンワールドアクション。ファイターやメイジなど様々な職種を駆使し、旅の途中で出会う個性的なモンスターたちと自由度の高いアクションを楽しむことができ、“ポーンシステム”と名付けた特徴的なゲームシステムを備える。

この“ポーンシステム”とは自ら作り込み、育てたAIパートナー=“ポーン”と冒険する、といったもの。さらに他のプレイヤーが育てた“ポーン”を借りることで最大4人での冒険を楽しむことができ、“ポーンを借りたり、貸したり”することでプレイヤー間の中でもほどよい緩い繋がりのコミュケーションも楽しむことができる。この個性的なシステムは、世界観やアクションの出来栄えと相まって多くのゲームファンの支持を受けた。

『ドラゴンズドグマ 2』の発売時期や対応プラットフォーム等は未定。今後の続報に期待したい。

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(画像:カプコン)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。