Dropbox、IPO申請を公表 3月中旬から4月上旬の間に上場か

今年1月、クラウドストレージサービスのDropboxは米証券取引所に非公開でIPO(新規株式公開)申請書を提出したが、その申請書が2月23日(米国時間)に公開された。

米証券取引所に提出された書類はこちら。今回の上場の幹事はゴールドマン・サックス、JPモルガン、ドイツ銀行、アレン&カンパニーなどが務め、上場市場はNASDAQ。資金調達額は5億ドルを見込んでいる。

上場は2018年前半になるとみられていたが、早ければ3月の中旬もしくは4月上旬頃になる可能性がある。ちなみに、ティッカーシンボルはDBXとなるようだ。

Dropboxは順調に業績を伸ばしていることが明らかに

申請書によると、Dropboxの2017年の売上は約11億1000万ドル。2005年の売上高は約6億300万ドル、2016年が8億4000万ドルだったことから、ここ数年は順調に売り上げを伸ばしていることになる。

また、同社の利益も2015年がマイナス3億2000万ドルだったのが、2017年はマイナス1億1000万ドルに減少中。キャッシュフローも徐々に増えてきていることから、業績は大きく改善を見せている。

Dropboxを無料で利用するユーザー数は5億人、有料サブスクリプション契約を結んでいるユーザーは1,100万人。全ユーザー数に対する有料ユーザーの数はかなり少ないが、それでも2015年比較では倍増している。

The Vergeによると、Dropboxの売上の多くは個人プランから成り立っており、全体の90%を占めるとのこと。法人分野に関しては、ライバルの「Box」に大きく負け越しており、米国の上位500社に限れば95%以上が「Box」をチョイスしているという。

上場後はビジネス分野への対抗か、個人向けを伸ばすかについてはDropboxのみが知るところだが、昨年にはよりポップなイメージにブランドイメージを大きく変更したり、フリーランス向けの新プランを発表していることから、単にビジネス領域でBoxに真っ向から勝負を挑むわけでもないようだ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ img via bfishadow ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。