【半額】iPadサブディスプレイ化アプリ「Duet Display」が50%オフの1,200円で販売中

自分のiPadやiPhoneをMacのサブディスプレイに。

現在、iOS端末をサブディスプレイ化できる便利アプリ「Duet Display」が半額セールを実施中。通常2,400円の同アプリが、今なら1,200円で購入可能だ。

Duet Display」は、iPadなどのiOS端末に、MacやWindows PCの画面を出力できるようになる便利アプリ。

iPadでのディスプレイ表示に大きな遅延が発生せず使用できると評価が高く、さらに年間2,400円のApp内課金を行うことで「Apple Pencil」を利用して「iPad Pro」をペンタブレットのように使うことができる機能も用意されているなど、iPadの機能を最大限に活用することができる。

また、サブディスプレイ化したiPadで「Touch Bar」を利用できるようになる機能も追加されている。同機能は接続するMacがTouch Bar搭載MacBook Proではなくても利用することが可能だ。

ディスプレイとMacを直接繋いだ時に比べたらさすがにレスポンスは落ちるものの、旅行や出張先などサブディスプレイを用意できない場所で作業する時などには便利なアプリなので、作業効率化を考えている方は今回のセールで「Duet Display」を購入してみてはどうだろうか。

セールはすでに開始されているが、終了日は現時点では不明。欲しい方は早めに購入しておくようにしよう。また、「Duet Display」は年に1〜2回ほどしかセール価格にならないので、気になっていた方はこの機会に購入を。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。