ダイソン、空気清浄ファン「Dyson Pure Cool」を発表 PM 0.1レベルの微粒子を99.95%回収

4月12日、ダイソンは新製品「Dyson Pure Cool」を発表した。「Dyson Pure Cool」は部屋の空気の汚れをモニタリングし、自動的に空気の清浄化を行う空気清浄ファン。PM 0.1レベルの微粒子を99.95%捕らえることが可能で、部屋の空気を常に綺麗に保つことができるという。

「Dyson Pure Cool」には2つのモデルが用意されており、ひとつは床置きに適した「タワーファン」タイプ、もうひとつはテーブルや床での仕様に適した「テーブルファン」タイプ。

「Dyson Pure Cool」には、大きく分けると「清浄機能」と「循環機能」「検知機能」の三つの機能が搭載されている。

「検知機能」は、目に見えない部屋の汚れを可視化。実際の部屋の汚れを、搭載されたLCDディスプレイで確認することが可能。独自のアルゴリズムによって空気の汚染を検知し、空気の状態をリアルタイムで表示する。

「清浄機能」は、部屋の空気を綺麗にする機能。360度の密閉性の高いフィルターシステムが搭載されており、活性炭フィルターがニオイや有害なガスを除去、グラスHEPAフィルターがPM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去。

そして「循環機能」。「Dyson Pure Cool」には「Air Multiplierテクノロジー」が搭載されており、清浄された空気を部屋中に送り届けることが可能だ。また、新たな350度首振り機能もこれを手助け。毎秒290L(リットル)の綺麗な空気を常に送り出す。

「Dyson Pure Cool 空気清浄タワーファン」の清浄能力は30分で12畳分、1時間で34畳分。首振りは45度・90度・180度・350度、タイマーは1・2・4・8時間から選択可能で、カラーラインナップは「ホワイト/シルバー」と「アイアン/ブルー」の2種類が用意されているとのこと。

「Dyson Pure Cool 空気清浄テーブルファン」は30分で12畳分、1時間で36畳分となっっている。首振り機能は45度・90度・180度・350度、タイマーは1・2・4・8時間から選択可能。カラーラインナップはこちらも「ホワイト/シルバー」と「アイアン/ブルー」の2種類が用意されている。

どちらの製品も4月12日発売。すでに販売が開始されておりこちらから購入可能だ。価格はオープン価格となっているが、公式サイトでは「Dyson Pure Cool 空気清浄タワーファン」は72.144円、「Dyson Pure Cool 空気清浄テーブルファン」は59,184円で販売されている。

ちなみに、フィルターの交換は約1年が目安(1日12時間使用した場合)となっており、交換フィルターはグラスHEPAフィルターが4000円、活性炭フィルターが3000円(税別)。交換時期は専用アプリから確認することが可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。