「E3 2020」 の開催中止が正式発表。オンラインイベントの開催を模索

現地時間3月11日、Entertainment Software Association (ESA) が 「E3 2020」 の開催中止を正式に決めたことがわかった。米メディアArs TechnicaBloombergが、関係者から得た情報として伝えた。

開催中止はCOVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大を防ぐため。まだESAから正式な発表はないが、米国時間12時30分に正式にアナウンスされる予定であるとのこと。

UPDATE:「E3 2020」 の開催中止が正式決定

「E3」 は世界最大規模のゲーム見本市。最新ゲームが多数発表されることもあり大きな注目が集まるイベントだが、北米でもCOVID-19(新型コロナウイルス)の感染が広がっていることから、今年の開催が中止されることが決まったようだ。

ちなみに 「E3 2020」 は米ロサンゼルスで6月9日から11日にかけて実施される予定だった。ソニーは参加しないことを発表していたが、そのほか任天堂やMicrosoft、Ubisoft、スクウェアエニックス、カプコン、セガなど多数のゲーム企業が参加することを表明していた。代替の発表イベントの開催などについては現時点ではアナウンスされていないが、個別の会社が独自でオンライン発表イベントを開催する可能性がありそうだ。

追記1 (2020/03/12 0:54)

Entertainment Software Association (ESA) は正式に 「E3 2020」 の開催中止を発表した。ただしイベント自体は中止されるものの、2020年6月にゲーム業界のニュースを紹介するオンライン配信イベントを開催することを検討しているとのこと。今後の情報についてはE3expo.comで共有されるとしている。ちなみに同発表にともない、当記事のタイトルを変更した。

追記2 (2020/04/08 13:05)

ESAは 「E3 2020」 の中止に伴い、6月にオンライン配信イベントの実施を検討していたが、4月8日に同イベントについても開催を断念したことを発表した。これにより、今年のE3イベントは完全中止となり、次回の開催は 「E3 2021」 となることが確定した。詳細はこちらの記事から。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。