E3 2020、完全キャンセルが決定。オンラインイベントの実施も断念 E3 2021は2021年6月15日から開催へ

現地時間4月7日、Entertainment Software Association (ESA) が 「E3 2020」 の開催を完全にキャンセルしたことがわかった。

先月11日、ESAはCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染拡大に伴い、「E3 2020」 の物理的なイベント開催を中止し、デジタルイベントの開催を検討していることを発表していたが、ESAはこのオンライン開催についても断念したことを海外メディアGamesIndustry.bizを通じて明らかにした。

よって 「E3 2020」 については開催見送りとなり、次の開催は 「E3 2021」 となる。パートナー会社に対しては本日その旨が通知されており、「E3 2021」 の開催は2021年6月15日から6月17日までとなるとのこと。

ちなみに同イベントは参加者及び視聴者を感動させるような再考されたものになるとのことだが、どういったイベントになるかについてはまだ明かされていない。

関連記事
「E3 2020」 の開催中止が正式発表。オンラインイベントの開催を模索

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。