「E3 2021」 6月12日〜15日にオンライン開催、ESAが正式発表。任天堂やマイクロソフトなど参加予定

現地時間4月6日、Entertainment Software Association (ESA) は 「E3 2021」 を現地時間6月12日〜15日に開催することを発表した。

「E3 2021」 は現地時間6月12日〜15日に開催へ

今年の 「E3 2021」 は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を考慮し、すべてのイベントをデジタル(オンライン)で実施する。

パートナー企業として、任天堂、Xbox (マイクロソフト)、カプコン、KONAMI、ユービーアイソフト、Take-Two Interactive、Warner Bros. Gamesなどが挙げられている。

ゲーム開発者は、最新のニュースやゲームを世界中のゲームファンに届けることが可能。すべてのユーザーが無料でE3に参加できる。

世界最大規模のゲーム見本市 「E3」 、昨年は新型コロナウイルスの影響を受けて開催が中止されていたが、今年は開催場所をオンラインに移して開催することが決定された。一部メディアの情報では2021年6月15日~6月17日の間で開催されると報じられていたが、今回のESAの発表から現地時間6月12日~15日に開催されることが正式に明らかにされている。

関連記事
「東京ゲームショウ2021」 9月30日〜10月3日でオンライン開催
欧州最大のゲームイベント 「gamescom 2021」 8月25日から開催。オンラインとフィジカルのハイブリッドで実施

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。