「E3 2022」 フィジカルイベント開催が見送り。世界的なコロナウイルス感染拡大を考慮

世界最大規模のゲーム見本市 「E3」 。昨年は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けオフラインでの開催となっていたが、今年は久しぶりのオフライン開催への期待が高まっている。

しかし、現時点における世界のコロナ事情が考慮された結果、今年もオフラインでの開催になるかもしれない。

現地時間1月6日、Entertainment Software Association (ESA)は 「E3 2022」 をリアルイベントとして実施することはないと発表した。

オンラインイベントを開催するかどうかについては現時点では告知されていないが、「近く詳細を発表することを楽しみにしている」 としていることから、今年はオンラインでの開催になる可能性がありそうだ。

「E3 2022」 フィジカルイベントが見送りに

「E3 2022」 のオフライン開催見送りの理由としてESAは、「COVID-19 (新型コロナウイルス感染症) による継続的な健康リスク、および出展者と参加者の安全への潜在的影響を考慮した」 と説明している。

「E3」 に限った話ではないが、昨今の新型コロナウイルス感染症は大規模なエキスポ開催に大きな影響を与えている。「E3 2020」 は、新型コロナウイルス感染症の世界的パンデミックを考慮して開催そのものを中止、翌年の 「E3 2021」 についてはオフラインでの開催を諦め、オンライン開催となった。2022年は2021年後半から新規感染者数が落ち着きつつあったことから、3年ぶりのオフライン開催に期待がかかっていた。

しかし、現在新規感染者を爆増させているオミクロン株がふたたび世界的な脅威となっており、今年1月に開催された世界家電見本市 「CES 2022」 に出展を取りやめた企業も多かった。「E3」 がオフライン開催を諦めるのも無理はないだろう。

果たして今年はどのような開催方式をとるのだろうか、ESAの今後の発表に期待がかかる。

関連リンク:ESA Announces That E3 2022 Will Not Be Held in Person – Entertainment Software Association

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。