「EA Access」 「Origin Access」 が 「EA Play」 に統一。Steam版EA Playは今月31日に提供開始

現地時間8月17日、エレクトロニック・アーツ (EA) は、同社のサブスクリプションサービス 「EA Access」 「Origin Access」 の名称を 「EA Play」 に改称し統一。PC向けに提供してきた 「Origin Access Premier」 も 「EA Play Pro」 にリブランドすることを発表した。

そして現地時間31日から、Steam版の 「EA Play」 のサービスが開始されることが正式にアナウンスされた。

EAのサブスクリプションサービスが 「EA Play」 に改称

この変更によってユーザー側が影響を受けることはほとんどなく、ゲームライブラリのアクセスや先行配信タイトル、さらには10%の加入者向け割引についても今後も提供されるという。むしろ特典は増える予定となっていて、一部のタイトルにおいて加入者向けのゲーム内チャレンジ・達成報酬をこれまでよりも多く提供するとしている。

ちなみに 「EA Play」 といえばEAの年1回のフィジカルイベントを思い浮かべる人もいると思うが、同イベントについては今後、「EA Play Live」 に変更される。今年6月には新作発表イベント 「EA Play Live 2020」 がすでに開催されていた。EAとしてはこれらのサービスやイベントの名前を 「EA Play」 に統一することで、ユーザーにサービスの内容を分かりやすくする狙いがあるとみられる。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。