Apple Watchユーザー向けに 「アースデイチャレンジ」 が開催中 30分のワークアウトでアワードとステッカーが入手可能

4月22日、Appleは地球環境について考える 「アースデイ」 を記念し、事前に告知していたApple Watchユーザー向け限定アクティビティチャレンジ 「アースデイチャレンジ」 を開催している。

2017年、2018年に続き3回目の開催となった今回の 「アースデイチャレンジ」 は、本日中に30分以上の屋外ワークアウトを行うことで達成となる。達成することで 「アースデイ」 を表した特別なアースデイアワードとメッセージアプリで利用できるステッカーを獲得することが可能だ。

今回入手できるアースデイアワードやステッカーは、大きく 「2019」 の文字が入った今年専用のデザインになっている。同チャレンジを達成できたら、iMessageで友人や同僚にステッカーを送って自慢しておくのを忘れずに。

ちなみに、Appleはアースデイに合わせてShot on iPhone XSシリーズの新作 「Don’t mess with Mother」 と 「The Reef, Maldives」 も公開している。詳細は以下の関連記事から確認を。

関連記事
Shot on iPhone XSの最新CM 「Don’t mess with Mother」 公開 アースデイに合わせ地球を壮大に映し出す新動画
Apple、Shot on iPhoneシリーズ最新作としてモルディブジンベイザメ研究プログラムのドキュメンタリー 「The Reef, Maldives」 公開

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。