「Echo Show 15」 にFire TVの機能が搭載。音声認識リモコンでコンテンツ検索や操作等も可能に

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

12月7日、アマゾンジャパンは壁掛けが可能なスマートディスプレイ 「Echo Show 15」 に、Fire TVの機能が搭載されることを発表した。

「Echo Show 15」 に配信される無料ソフトウェアアップデートを適用することで、Prime Video、Netflix、ABEMA、YouTubeなどのストリーミングコンテンツを探し、視聴することが可能になる。

搭載されている音声アシスタント 「Alexa」 を使って、音声でコンテンツを探すことも可能だ。たとえば 「アレク サ、Fire TVを開いて」 「アレクサ、Prime Videoを開いて」 「アレクサ、力の指輪を再生して」 などと話しかけることで、見たいコンテンツに素早くアクセスできる。

また、最近使ったアプリやマイウォッチリストなど、アプリやコンテンツにすぐにアクセスできるウィジェットもホーム画面に追加することができる。

なお、Alexaに対応した音声認識リモコン (2021, 第3世代) を使用して、Echo Show 15でFire TVコンテンツの検索などの操作を行うことが可能になった。ホームボタンからFire TV機能にアクセスしたり、番組表ボタンやリモコン下部にあるアプリボタンから見たいコンテンツに簡単にアクセスできる。

ちなみに、新たにEcho Show 15を購入するユーザー向けとして、期間限定(2022年12月7日〜2023年6月30日まで) でEcho Show 15とリモコンのセットを31,480円で販売する。

また、すでにEcho Show 15を使っているユーザー向けに、Fire TV機能のセットアップ手順から本リモコンを割引価格(1,980円)で購入できるキャンペーンも実施する。リモコンがない場合はEcho Show 15の画面に表示されるバーチャルリモコンで操作が可能だ。

Echo Show 15は、Amazonがこれまで販売してきたスマートディスプレイのなかでも、最も大きな15.6インチ(フルHD)の画面を搭載したスマートディスプレイ。

本製品は壁掛けを基本とした製品であり、専用スタンドを使用することで縦置きでも横置きでも使用できる。複数のアプリケーションを画面に常駐させてダッシュボード的に使用したり、家族で共有で使えるため、家族のスケジュールを記録するファミリーカレンダーにピッタリだ。

また、Echo Show 15は自分だけでなく、家族全員で共有して使うことができる。ビジュアルID機能という個々のユーザーの顔を認識する機能が搭載されており、内蔵の500万画素カメラに映った人のカレンダーやメモ、最近再生した音楽など、パーソナルな情報を画面に表示できる。単に壁掛けカレンダーというだけでなく、コンシェルジュ的な側面も持ち合わせた製品となっている。

Echo Show 15はAmazon.co.jpで29,980円(税込)で購入可能だ。

関連記事
Amazon Music、ポッドキャスト『有田脳』12月1日23時配信。くりぃむしちゅー有田氏の事前告知なし・打ち合わせなし・NGなしの完全アドリブトーク番組
親子で安心アレクサ、「Amazon Kids on Alexa」 が提供開始。ペアレンタルコントロール機能に対応

(画像提供:アマゾンジャパン)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
Amazon、Prime Videoおよび関連する全てのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
Amazon、Amazon Musicは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。