『地球防衛軍6』が2021年に発売決定。キャッチコピーは 「絶望の未来に生きる。」

6月23日、ディースリー・パブリッシャーは『地球防衛軍6』『ま〜るい地球が四角くなった!? デジボク地球防衛軍 EARTH DEFENSE FORCE: WORLD BROTHERS』を発売することを発表した。

『地球防衛軍6』はディースリー・パブリッシャーが販売する 「地球防衛軍」 シリーズ最新作。2021年に発売予定。プラットフォームや具体的な発売日、価格などの詳細は明らかにされていないが、前作で人口の9割を失った地球を舞台にEDFがシリーズお馴染みの敵に挑むものになっているようだ。

『ま〜るい地球が四角くなった!? デジボク地球防衛軍 EARTH DEFENSE FORCE: WORLD BROTHERS』は2020年にPlayStation 4およびNintendo Switchで発売予定。宇宙からの侵略者や巨大生物と戦う3Dアクションシューティング「地球防衛軍」(EDF)シリーズの新規タイトルとして登場だ。

すべてが四角で構成されたボクセル世界が舞台の本作。地球も四角いのがこの世界の基本だが、何らかの理由でバラバラになってしまった地球を再び四角に戻すのが今回の目的のようだ。本作の詳細がPS Blogで発表されているため、ご興味のある方は是非こちらのリンクから作品詳細を確認いただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。