イーブイ版たまごっち 「イーブイ×たまごっち」 登場 お世話の仕方で進化先が変わる、ブイズ以外への進化も

11月21日、バンダイはたまごっちのイーブイ版 「イーブイ×たまごっち」 を発表した。価格は2,300円(税別)、2019年1月26日に発売予定。

たまごっちと同じ感覚でイーブイをお世話できる「イーブイ×たまごっち」

「イーブイ×たまごっち」 は今までのたまごっちシリーズのように日々のお世話をして楽しむ小型ゲーム機。

お世話の仕方によって、進化先が変わるのもたまごっちシリーズと同じ。「イーブイ×たまごっち」 の場合は、ポケモンフーズを食べさせたり、ダンスして遊んだり、たまった毛玉をブラッシングしたりしてあげることができるようだ。

進化先はシャワーズやブースター、サンダース、エーフィー、ブラッキー、リーフィア、グレイシア、ニンフィアなどの 「ブイズ」 が基本だが、そのほかにも3種類(もしくはそれ以上)の 「オリジナルの姿」 に変化することもあるという。

ちなみに、たまごっちはお世話を怠ることで死んでしまうことがあるが、「イーブイ×たまごっち」 は死ぬことはないという。その代わり、「バイバイ」 というメッセージと空のモンスターボールを残して、いなくなってしまう。悲しい別れにならないように、お世話は毎日しっかりしよう。

「イーブイ×たまごっち」 は2種類用意されており、ひとつは本体カラーが黄色の 「だいすきイーブイver.」、もうひとつはピンクカラーの「カラフルフレンズver.」。発売日はどちらも2019年1月26日、価格は2,300円(税別)となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。