『ウイニングイレブン』が『eFootball』に名称変更。基本プレイ無料×クロスプラットフォーム対応の最新作が配信へ

7月21日、コナミデジタルエンタテインメントは、同社サッカーゲーム『ウイニングイレブン』シリーズのブランド名を『eFootball』に変更することを発表。同ブランドから、今秋に最新作が配信されることもあわせて発表された。

『ウイニングイレブン』シリーズのブランド名が『eFootball』に変更、今秋最新作が配信へ

最新作には、独自のサッカーゲームエンジンが導入され、ゲームプレーやアニメーションシステムが刷新されるとのこと。

対応プラットフォームは、PS5、PS4、Xbox Series X|S、Xbox One、Windows 10、PC (Steam)、iOS/Androidで、料金体系は基本プレイ無料(アイテム課金制)。段階的なアップデートを経て、対応するすべてのデバイスにおいてクロスプラットフォームで遊べるとのこと。たとえばPS5のプレイヤーとPCのプレイヤーが対戦することが可能になる。

コンテンツや各種モードはアップデートによって随時追加される予定だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。