物書堂、日本語ワープロアプリ「egword Universal 2(v2.1)」を3月14日に発売 Mac App Storeで予約受付が開始

物書堂は今月17日、エルゴソフトの日本語ワードプロセッサアプリ「egword Universal 2(Version 2.1)」を3月14日に発売することを発表した。

egword Universal 2(Version 2.1)」は縦書き、原稿用紙モードを備えた日本語ワードプロセッサアプリ。

2007年に開発が終了し、Version 2.0.2が最終リリース版となっていたが、今回新たに発表された「egword Universal 2(Version 2.1)」は当時の仕様を可能な限り残し、macOS High Sierraでも動作するようにした復活版となっている。64bitに最適化されており、古いAPIは全て新しいものに置き換えられているという。

同アプリはMac App Storeで本日から予約受付が開始されている。価格は通常7,800円だが、発売記念で当面の間は3,800円で購入することが可能だとのこと。予約購入をすると、発売日に通知を受け取りダウンロードすることが可能だ。

予約は、最新のmacOSである「macOS High Sierra」のみで可能。ただし、対応OSは「macOS Sierra」と「macOS El Capitan」で、それ以前のバージョンには対応しない。

予約はこちらからどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。