エレコム、スマホ・タブレット用ゲームコントローラー 「猛者シリーズ」 発表。Makuakeで限定モデルがWeb予約受付スタート

7月28日、エレコムはバトルロイヤルゲームに特化したスマホ・タブレット用ゲームパッド 「猛者(mosa)シリーズ」 を発表した。

また、本日よりクラウドファンディングサイト 「Makuake」 にて数量限定のMakuakeスペシャルエディションのプロジェクトを開始。予約販売受付が開始されている。

バトルロイヤルゲームに特化したスマホ・タブレット用ゲームパッド 「猛者シリーズ」

数量限定のMakuakeスペシャルエディション

「猛者シリーズ」 は、「荒野行動」 「フォートナイト」 などのバトルロイヤルゲームで本気で勝つことを追求したスマホ・タブレット用ゲームパッド。

ラインナップはスマートフォン用2ボタンモデルと4ボタンモデル、6ボタンモデル、タブレット用6ボタンモデルの合計4種類が用意されている。このうちスマートフォン用4ボタンモデルと6ボタンモデルおよびタブレット用6ボタンモデルの3種類の限定モデルがMakuakeで販売される。

「猛者(mosa)シリーズ」 は、エレコム史上最多となる最大6つのボタンを搭載したゲームパッドだ。スマートフォンやタブレットに装着することで、最大8本指(画面を直接操作する親指含める)でのゲームプレイを実現することが可能だ。

トリガーボタンは 「指を震わすレベルで画面をタップできる感じ」 を目指しており、柔らかいバネとトリガーボタンの組み合わせで実現しているとのこと。

また、ボタンを押す際のタイムラグをなくすため、任意のトリガーボタンにアダプターを差し込むことで、そのボタンを常に画面とつながった状態にする 「ダイレクトタッチ機能」 を備えている。アダプターは画面までの距離を2段階で変更可能で、薄型のスマートフォンを使っている場合は指の振動だけで連射するという使い方も可能。アダプターは2個付属する。

上記にくわえてタブレット向けモデルでは、グリップ自体にスタンド機能がついており、別途スタンドを用意せずとも机の上などに置いてプレイすることが可能。ボタンはタブレット裏に左右各2ボタンずつ、側面にダイレクトタッチボタンがレイアウトされているため、タブレットを両側面から握った安定した形で、画面側の親指から裏面の指まで自然に配置することができる。

市場想定価格は、スマートフォン用2ボタンモデルが2,068円、4ボタンモデルが2,728円、6ボタンモデルが3,058円、タブレット用6ボタンモデルは3,608円となっている (いずれも税込) 。

ちなみに前述のとおりMakuakeでは 「猛者シリーズ」 のMakuakeスペシャルエディションの予約受付が開始されている。早期購入割引で最大30%オフで購入できるため、興味がある方はぜひMakuakeから購入を。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。