EPEIOS Wireless Fast Charger レビュー。純正より1,000円安いMagSafe “風” 充電器が登場

もっと高速に、もっと手軽にiPhoneを充電するために、Appleは新しいワイヤレス充電テクノロジーを 「iPhone 12」 で導入してきた。その名も 「MagSafe」 である。

MagSafeはiPhone 12の背面に内蔵されたマグネット機構のこと。これに 「MagSafe充電器」 というマグネットを内蔵したワイヤレス充電器をピタッとくっつけることで、効率よくワイヤレス充電できる。MagSafe充電器は4,500円(税別)とワイヤレス充電器としてはやや高価ではあるものの、これが思いのほか便利なので案外高いとは思わなかったりする。

しかし、そうは言っても家中にこのワイヤレス充電器を置くとなれば費用はどうしても ”かさむ” 。純正のMagSafe充電器は1〜2個くらいにしておいて、それ以降はサードパーティ製の充電器でどうにかコストを安くしたいと考えている方もいるのではないだろうか。

そこでオススメなのが、EPEIOSから登場した充電器 「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 。本製品は、純正のMagSafe充電器のようにiPhoneの背面にピッタリとくっつけて充電できるワイヤレス充電器。価格は3,599円(税込)と純正品よりも1,000円くらい安いという魅力を持つ。もしサブ用のMagSafe充電器をお探しなのであれば、本製品を使ってコストを抑えてみてはどうだろうか。以下、レビューをお届けする。

商品提供:EPEIOS (MPOW JAPAN)

「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 のデザイン

こちらが今回紹介する 「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 だ。EPEIOSとはMpow Japanの新ブランド。あまり見聞きしたことのないブランドかもしれないが、今後様々な商品の展開を予定しているようなので、ぜひこの機会に名前を覚えていただけたらと思う。

話を製品に戻そう。純正のMagSafe充電器は給電用ケーブルとマグネット入り充電パッドの2つが一体化したような構造になっているが、「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 も同様のパーツで構成されている。

ケーブルの先端にUSB Type-Cコネクタが用意されていて、これをUSB Type-Cポートを搭載した電源アダプタに接続することで給電する。あとは充電パッドをiPhone 12の背面にピッタリとくっつけることでワイヤレス充電することが可能だ。

本製品はブラックモデルとホワイトモデルの2つが存在する。今回筆者が提供してもらったのはそのうちのブラックモデル。MagSafe充電器のような高級感があるわけではないものの、純正のMagSafe充電器にはブラックモデルは存在しないため、黒系のカラーがお好きな方には良い選択肢となりそうだ。

ちなみに充電パッドのおもて面にはプラスチック、底面にはアルミニウムが採用されている。表面がプラスチック仕様なのはiPhoneの背面を傷つけないための工夫。背面がアルミニウムなのは充電時に発生した熱を冷ましやすくするためだ。

実際にiPhoneの背面にくっつけてみた。

本体に内蔵されたリング状のマグネットのおかげでピタッと固定することができ、ちょっと力を入れた程度ではiPhone 12から外れることもなく安心して使うことができた。ワイヤレス充電は正しい位置から離れれば離れるほど充電の効率は落ちてしまうものだが、「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 はMagSafe同様、常に正しい位置に固定して充電することが可能だ。

ただし、このマグネットの仕様は純正のMagSafe充電器とはちょっぴり違いがある。「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 に内蔵されたマグネットは、純正よりもやや磁力の弱い “ソフトマグネット” 仕様になっている。EPEIOS曰く、これはiPhoneと充電器を離しやすくするためとのこと。

実際に装着してみると、確かに純正のMagSafe充電器にくらべて吸着力が弱い。くっつけるときはあまり気にはならないが、外す時はちょっと強めに力を入れることでポンっと外れる。これが純正のMagSafe充電器であれば、結構強く力を入れないと外すことができない。

ただ弱いとは言っても、一応iPhoneを宙にぶら下げられるくらいの力はある。さすがにiPhoneをブンブンと振り回すと落ちてしまうことからiPhoneの落下を防ぐ力はMagSafe充電器にくらべて弱いと言わざるを得ないだろうが、そもそもMagSafe充電器ですら落下を防ぐ力は完璧ではないため、ここについてあまり期待するのは禁物だろう。MagSafeの最大の魅力である “最適な位置で固定して充電できる” は本製品でも十分に実現可能だ。

ちなみにこのソフトマグネット仕様は、iPhoneの落下などによるケーブルの断線を防ぎやすくすることも考慮されているとのこと。ただ、個人的に気になるのは 「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 のケーブルは純正MagSafe充電器に比べて細く弱そうであるということ。

検証の中で断線するようなことはなかったが、もし断線を防ぐためという理由でマグネットの吸着を抑えるのであれば、同時にケーブルも頑丈なものにして欲しかったというのが筆者の本音。ワイヤレス充電器の故障よりもiPhoneの落下を防ぐ方が優先なため、マグネットの吸着力とケーブルの強度はもう少し強い方が嬉しかったかもしれない。

「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 で充電してみた

「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 の内部

「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 で、筆者の所有するiPhone 12 Proを充電してみた。

「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 は本家MagSafe充電器とは異なり最大7.5Wのワイヤレス充電に留まる。Androidの場合は15Wの充電に対応するようだが、iPhone 12シリーズの最大12〜15Wのフルスピード充電には残念ながら対応しない。

これについてEPEIOSは、「iPhone充電時の出力を純正のMagSafe充電器よりも控えめにしたことで充電時の発熱を緩やかにし、充電が停止するまでの温度に達しにくくすることで、電池残量がない状態からフル充電までの場合でも継続的に給電を実施するスピーディーなワイヤレス充電を実現した」 とアピールする。

ここで筆者の好きな検証タイム。iPhone 12 Proをほぼバッテリーゼロの状態にして、「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 で充電してみた。

比較はiPhone 12 Proのレビューの際に計測したものを使用した。

充電時間 EPEIOS Wireless Fast Charger 15W MagSafe充電器
0:00 3% 2%
0:30 20% 20%
1:00 39% 39%
1:30 51% 54%
2:00 65% 69%
2:30 76% 81%
3:00 85% 91%
3:30 92% 99%

計測結果は上記表のとおり。個人的にやや驚きだったのが、「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 はiPhoneで使用すると最大7.5Wの出力までしかできないにも関わらず、最大15Wの出力に対応しているMagSafe充電器にさほど差をつけられていないということ。さすがにフィニッシュはMagSafeの方が早いものの、序盤のあたりはほぼMagSafe充電器と同等のスピードで充電できていたことがわかる。

この結果から、「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 はMagSafeと同等もしくはやや劣るくらいの性能を持っていることになる。

なぜ15W出力が可能なMagSafeと同じくらいのスピードで充電できたのか、その理由は定かではないが、もしかするとMagSafe充電器でフルスピード充電する際、iPhoneに熱が発生してしまう。それを抑えるためにMagSafeは出力を抑えてしまい、結果的に 「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 と同じくらいの充電スピードになってしまっていたのではないだろうか。

ちなみに試しにAndroidデバイスでも充電してみたが、そちらも高速に充電できることを確認した。

「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 は最大20Wの入力に対応する。もし本製品のポテンシャルを最大限に引き出し、高速な充電を利用するなら、20W以上の出力が可能なUSB電源アダプタを持つといいだろう。Amazonで探すと20W以上の出力を持った電源アダプタは多数あるため、そちらを利用するのもOKだ。

ちなみに筆者はRAVPowerのRP-PC112 (61W) を今回使用した。RP-PC112は最大61W出力に対応しているため、iPhoneの急速充電だけでなくMagSafe充電器のフルスピード充電も利用可能。さらにケーブルをUSB-C to USB-Cに変えればiPad Pro/iPad AirやMacBook Air、MacBook Pro (13インチ)すら充電することができる万能機だ。

まとめ

「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 は、AppleのMagSafe充電器のように内部にマグネット機構を搭載したことで、iPhoneとのズレを防ぎ効率よく充電できるようにしたワイヤレス充電器だ。

iPhoneへの充電出力は7.5Wにとどまるものの、MagSafe充電器と同じくらいの時間でiPhoneをフル充電することができるなど純正に近い性能を持っている。なおかつソフトマグネット仕様により着脱がしやすくなっているなどユーザビリティも考慮されているのが大きな特徴。価格も純正より約1,000円安いため、買い増ししやすいのも嬉しいところだ。

気になる部分としては、やはりケーブルの耐久度。充電パッド部分とケーブルをつなぐ付け根の部分もかなり細くなっていることから、長く使うにはユーザー側で断線しないように気をつけて使う必要がありそうだ。そこさえクリアできたなら、「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 は購入してみてもOKそうだ。

「EPEIOS Wireless Fast Charger 15W」 は12月17日からAmazonや楽天市場にて販売が開始されている。価格はオープンで、市場想定価格は4,000円となっている。

Amazonでは通常3,599円(ブラックは3,699円)で販売されるが、本日から配布される20%オフクーポン(コード入力で適用可能)、200円オフクーポン(製品ページでチェックを入れて適用)を活用することでホワイトモデルは最安2,679円、ブラックモデルは2,759円で購入することが可能だ (いずれも税込) 。

20%オフクーポン

対象期間:2020年12月17日(木)〜12月20日(日)まで
クーポンコード:TOASVGIZ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。