歴代iPhone10台を水に沈めてみた動画が話題に。あまりにも悲しい結末

シリーズも今年で10台目となるiPhoneだが、今年のiPhoneは一味違い完全防水ではないものの、一部検証動画では水に入れても壊れないことで話題になった。

今日もまたiPhoneに「新たな挑戦」が課せられた。

歴代iPhone全てを水に入れてどれが耐えられるか

iPhone 6s発売以降、世界中のYouTuberが水に沈めてどれほど耐えられるかの実験を行ってきたわけだが、これから紹介するZach Straley氏の動画は「歴代iPhoneを水に入れて、防水能力の差を検証」しようというのだ。

検証の方法

赤いボードに歴代iPhoneを全て貼り付け、水を張った容器に突っ込む。そして、それぞれストップウォッチを起動し、機能しなくなるまで時間を計るというもの。
iphone-sink-in-water2

歴代iPhoneは以下のとおり

iPhone / 2G / 3G / 3GS / 4 / 4S / 5 / 5s / 6 / 6sの合計10台(発売順)

結果「一番長持ちしたのはiPhone 3G」

iphone-sink-in-water1

この検証動画の「発想」は良かった。良かったんだ…。

iphone-sink-in-water2

確かに発想はよかったのだが、なんと赤いボードが思いのほか水に浮いてしまい、自分の力で沈むことができなかった。赤いボードの浮力のせいで、何度も沈めたり浮いたりを繰り返したため、一番長持ちするはずのiPhone 6sは早々と壊れてしまった

そして今回の検証は「一番最後まで生きていたのはiPhone 3G」であるという結論に。本人も、さぞかしガッカリの結果だろう。

やはり防水ではない

様々な検証で明らかにはなっていた事実だが、やはりiPhone 6sも含め、全てのiPhoneには防水機能はないと言わざるをえない。

今回のように、何度も水に入れたり出したり、水の中で傾けたりすると水が入りやすいのかどうかは分からないが、とにかく水に入れようとは考えないようにしてほしい!

[ via Cult of Mac ]

iphone-sink-in-water1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう