FAA、リコール措置のMacBook Proの機内持ち込みを禁止

Samsungの 「Galaxy Note 7」 がバッテリー発火問題によって航空機内への持ち込みが禁止されているが、同様の措置がAppleのMacBook Proにも取られるようになった。

現地時間8月13日、FAA(米連邦航空局)は一部のMacBook Proの飛行機内への持ち込みを禁止することを発表、米国内の航空会社に対して警告した。この措置によって、対象となるMacBook Proは預入荷物および手荷物として機内に持ち込みすることができなくなっている。

リコール対象になっているMacBook Proの機内持ち込みが禁止

同規制の対象となるデバイスは、2015年9月から2017年2月までに販売されたMacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015) 。同デバイスは今年6月にバッテリーの過熱問題を受けてリコールが決定。Appleに送付もしくはApple Storeに持ち込むことで、バッテリーを安全なものに交換することができる。

FAAは2016年にバッテリーに問題がありリコール対象になっている製品を機内に持ち込むことを禁止しているが、その措置の中に同デバイスが含まれた形だ。

ちなみにEASA(欧州航空安全庁)も今月初旬に似た措置を実施している。ただしこちらは飛行中は電源を落とし、使用しないことを求めていて、機内への持ち込み自体は禁止されていない。

関連記事
旧世代15インチMacBook Proがリコールになった理由がわかる写真 バッテリーが爆発し発煙したとの報告
Apple、旧型MacBook Proのバッテリー回収プログラムを開始 2015~2017年に製造された15インチMacBook Proにバッテリー加熱のおそれ

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via Bloomberg ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。