Facebookが独自の音声アシスタントを開発中であることを認める

SNS大手のFacebookは、独自の音声アシスタントを開発していることを明らかにした。この音声アシスタントはFacebookの自社サービス内に組み込まれる予定で、近い将来、正式に発表されることになりそうだ。

Facebookが音声アシスタントを開発中であることを明言

人工音声アシスタントといえば、Appleの 「Siri」 やAmazonの 「Alexa」、そしてGoogleの 「Googleアシスタント」 が有名だが、Facebookの音声アシスタントはこれらに対抗するものになるのだろうか。

本質的にはそうと言えるかもしれないが、すでに市場にこれらのアシスタントが浸透していることもあり、Facebookは直接的に対抗するのではなく、自社製品や自社サービスに組み込むことを検討しているようだ。

具体的には同社の販売するビデオチャット用デバイス 「Portal」 や、Facebook傘下のVRハードウェアブランド 「Oculus」 、そして将来の製品群に実装される可能性があるとのこと。

この音声アシスタントは2018年から開発がスタートしており、今も継続しているという。実はFacebookが音声アシスタントを開発しているのは初めてのことではなく、2017年には「M」というメッセージアプリ向けアシスタントを発表したことがあった。ただし、このメッセンジャーボットは残念ながら流行らなかったが。

Facebookの音声アシスタントの実現のために、多くの人員が関わっているようだ。The Vergeによると、Portalの開発担当をしているAR/VRハードウェアグループ。そして、Facebook社内の研究開発(R&D)センターのFacebook Reality Labsが開発を担当しているという。

関連記事
Facebookメッセンジャーにダークモード正式実装 プロフィール画面から有効化可能に
Facebook、米国ユーザー向けにAIアシスタント機能「M」をMessengerアプリで提供開始

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。