Facebookメッセンジャーにダークモード正式実装 プロフィール画面から有効化可能に

Facebook Messengerアプリに、ダークモードが正式実装された。現地時間4月15日、Facebook Messengerの公式ブログは、同ダークモードが世界中でリリースされたことをアナウンスしている。

Facebook Messengerのダークモードは2018年10月に予告されていた新機能のひとつ。先月上旬にイースターエッグとして突如提供開始されたことで話題になったが、ようやく本日から正式実装となっている。

イースターエッグとして提供されていた時点では、自分もしくは他ユーザーに「月」の絵文字を送ることでダークモードが有効化できたが、正式実装後は自身のプロフィール画面から簡単に切り替えることができる。

ダークモードの提供は段階的に行われており、現時点では利用できない人も多い模様。少なくとも今後数日以内に利用できるようになると思われるため、ダークモードを利用したい方は定期的にFacebook Messengerをチェックしてみよう。もし今すぐダークモードが使いたい方は、(自分を含めて) 誰かに「月」の絵文字を送信する前述の方法が今でも使えるため、そちらをトライしていただきたい。

ちなみに、ダークモードは有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンではバッテリー持ちを長くするなど真価を発揮するため、iPhone XSなどの有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンをお持ちの方はぜひお試しを。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。