Facebook上で音楽を共有できる「Music Stories」が日本でも提供開始!

昨年11月、Facebook上で音楽を共有することができる「Music Stories」がリリースされたが、残念ながら日本でのリリースはなく、せっかくの機能を試せずにヤキモキしていたユーザーもいるのではないだろうか。

そんな「Music Stories」がついに日本にも上陸したようなので、詳細をお伝えする!

「Music Stories」で自分の好きな楽曲を友人に共有しよう!

今回日本で提供が開始された「Music Stories」は、音楽配信サービス上で再生している楽曲を、コメントを添えてFacebook上で共有できるようになるという機能で、共有されたユーザーは約30秒の楽曲の視聴が可能。また、共有された側もコメントをつけたり、共有された楽曲から直接音楽配信サービスにアクセスし、会員になることができるとのこと。

同機能のリリース当初の国内のパートナーとなるのは、サイバーエージェントグループの「AWA」とNTTドコモの「dヒッツ」のみとなっており、国外パートナーでは台湾の「KKBOX」も対応するようだ。

すでに同機能はアメリカでリリースされており、Apple MusicやSpotifiyなどがパートナーとなっているが、日本でのApple Musicは「現在テスト中」とのこと。いずれは共有できるようになる予定のようだが、もう少し時間がかかりそうだ。

最近はAppleの「Apple Music」やAmazonの「Prime Music」など、かなり盛り上がりを見せている音楽配信サービス。今回の「Music Stories」機能で、友人同士で共有しあうことが可能になったことにより、より勢いが加速していくことが予想される。

共有された楽曲はブラウザやFacebookアプリなどで視聴することが可能となっているので、気になった人は早速「Music Stories」機能を利用してみよう。

[ via TechCrunch Japan ]

facebook-musicstories
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう