Facebook、社名をMetaに変更。Oculusブランドも廃止

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間10月28日、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは同社のオンラインカンファレンス 「Connect 2021」 において、社名を 「Meta (メタ)」 に変更すると発表した。

Facebookが社名を 「Meta」 に変更

社名の変更理由は、これまでのFacecookが提供してきたSNSサービスやアプリ、テクノロジーを1つの企業ブランドにまとめるため。

マーク・ザッカーバーグCEOは、FacebookはもともとSNS事業を主体とした企業だったが、昨今ではメタバースと呼ぶバーチャル空間における分野を広く手掛けており、会社の全体像をうまく網羅できていないと説明した。メタバースが次なるフロンティアであるとし、その社名として 「Meta」 を選んだという。

メタバースとは、インターネット上で多人数が同時に接続し、アバターやキャラクターなどを通じて交流したり、経済活動を行う仮想空間のことを指す言葉。

今回の名称変更について、マーク・ザッカーバーグCEOは会社の実態を反映するためのものと説明しているが、Facebookの管理体制の甘さが指摘されていることを踏まえて、社名変更によるイメージ刷新の狙いも指摘されており、今回の社名変更が社会から理解が得られるかは不透明なところ。

なお、同社ソーシャルメディア、メッセージアプリ 「Facebook」 「Instagram」 「Messenger」 「WhatsApp」 については名称を継続する。

VRヘッドセットの 「Oculus」 についてはブランド廃止となり、製品名もたとえばOculus QuestはMeta Questに変更となる。また、スマートディスプレイ 「Facebook Portal」 も 「Meta Portal」 に変更される。

また、同社AR/VRチーム 「Facebook Reality Labs」 については 「Reality Labs」 に変更される。

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。