FacebookのMAU 10%増の26億300万人に。DAUは11%増の17億3400万人

現地時間4月29日、Facebookは2020年第1四半期(1−3月期)の決算を発表。その中で同社のSNSサービス 「Facebook」 の利用者数に関する発表を行った。

Facebook、MAUが26億300万人で前年比10%増に

決算発表によると、FacebookのMAU (月間アクティブユーザー数) は26億300万人で前年比10%の増加となった。さらに、DAU (日間アクティブユーザー数) は17億3400万人で、前年比11%の増加となったことがわかった。

また、Facebookのファミリーサービス (Facebook、Instagram、Messenger、WhatsApp) のうち、いずれかのサービスを任意の1日に利用したユーザー数は23億6000万人。こちらは前年比で約12%の増加。

月に一度でも利用したことのあるユーザー数は29億9000万人で、前年比11%の増加となったという。Facebookのサービス利用者はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響もあり、順調に数を伸ばしているようだ。

ちなみにFacebookのグループ全体の売上高は177億3700万ドル(前年同期比17%増)となった。さらに純利益は49億200万ドル(前年同期比102%増)と大幅に増えているように見えるが、これは個人情報の流出に関する制裁金を前年同期で計上していたためだ。

関連記事
デスクトップ版 「Facebook Messenger」 がMac・Windows向けに配信開始
Facebook、開発者向けカンファレンス 「F8 2020」 を中止

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。