Facebook、ウェブサイト上の動画をHTML5に切り替え 時代はHTML5へ

Facebook-logo

昨日、Facebookは、ニュースフィードやページなどのウェブサイト上に含まれている全ての動画・埋め込み動画プレーヤーをFlashベースからHTML5に切り替えたことを発表した

これにより、現在は全てのブラウザでHTML5プレーヤーでの動画の再生ができるようになっているようだ

HTML5とは

HTML5は、Webページを記述する言語「HTML」が改定された言語のことだ。定義できる要素が増えたことにより、長い構文をシンプルに記述することが可能になり、初心者でも勉強しやすい言語となった。

また、図を描いたり、動画や音声ファイルの再生を行ったりといった、これまではFlashベースで実現してきたものが、JavaScriptから扱えるようになったことも大きな注目を浴びた。

これまで、Webサイト上の動画や音声ファイルの再生には、「Flash Player」などのような専用のプラグインソフトが必要だったため、プラグインソフトが入っていないブラウザを使ったり、バージョンの古いプラグインソフトを使っていたりすると、その要素を再生することができなかった。

「最新のFlash Playerをインストールしてください」といった言葉は既に見慣れたものだろう。

しかし、HTML5でWebサイトを制作すれば、誰でも動画や音声ファイルの再生が可能になり、このようなプラグインソフトに依存する必要がなくなるのだ。

時代はFlashベースからHTML5へ

2010年に、AppleはFlashのサポートを打ち切った。

steve-jobs

当時AppleのCEOだったスティーブ・ジョブズ氏は、「Thoughts on Flash」という文章をApple公式サイトで公開し、セキュリティの脆弱性やパフォーマンスの悪さなど、Flashの6つのデメリットを挙げ、「モバイルの時代にはオープンなWeb標準が求められており、Flashでは実現できない」と述べていた。

また、ジョブズ氏は「Flashはいずれ使われなくなり、HTML5が主流となる」とも語っていたと伝えられているが、事実、AmazonやGoogleを始め、各方面でFlashベースからHTML5への切り替えが行われている

HTML5への切り替えはここ数年で急速に普及しているため、全てのWebサイトがHTML5に切り替わるのも、遠い未来の話ではないのかもしれない。

[ via The Verge ]

Facebook-logo
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう