Facebook、メッセンジャーのデスクトップアプリを提供開始へ Facebookの新デザイン「F5」やInstagramの新機能も発表

現地時間4月30日、Facebookはデベロッパー向けカンファレンス 「F8 2019」 を米サンノゼで開催。同カンファレンスの基調講演で、同社が提供する 「Facebook」 「Instagram」 など各種アプリのアップデートに関する情報が発表されている。

「Facebookメッセンジャー」のデスクトップアプリが登場

まずはメッセージサービス 「Facebookメッセンジャー」 のデスクトップアプリの提供が発表されている。

「メッセンジャー」 は、これまでスマートフォン向けに専用アプリが提供されていたが、デスクトップアプリが提供されるのは初めて。デスクトップアプリでは、グループビデオ通話やチャットなどモバイル向けアプリで利用できる機能の多くが利用できる模様。

デスクトップユーザーは、これまでもWEBブラウザ経由でメッセンジャーを利用することが可能だったが、同デスクトップアプリは高速なパフォーマンスが特徴となっているため、快適にメッセージのやりとりが可能だという。また通知が分かりやすくなるなどの恩恵も得られるため、ぜひ利用してほしいとCEOのマーク・ザッカーバーグ氏はアピールしていた。

同デスクトップアプリはMacとWindows向けに提供される予定で、提供時期は2019年後半を予定しているとのことだ。

Facebookメッセンジャーアプリに新機能が登場、アプリの軽量化も実現

今回の基調講演では、すでに提供されているモバイル向けアプリのアップデートも発表されている。

今回のアップデートには大幅な変更が多数含まれているようだ。例えば 「メッセンジャー」 上で友人とビデオを一緒に視聴できる機能。同機能ではYouTubeやFacebookに上がっている動画等を2人ないし複数人で笑い合いながら視聴することが可能だ。

Facebookは同機能を実装することで、「メッセンジャー」 アプリの利用時間が増えることを期待しているようだ。そのほか、親密な家族や友人とのメッセージのやりとりができる専用スペースも設けられる予定となっている。

また、アプリケーションのデータ容量を70MB削減し30MB以下に抑えることに成功したとのこと。アプリ内に含まれていた余計な機能な記述を削減したことによって実現し、これによってモバイルアプリのパフォーマンス向上やスマートフォンのストレージ容量を節約することが可能になるという。このアプリの軽量化は今後行われる見通しで、現時点では具体的な提供時期は未定となっている。

Facebookのデスクトップサイトとモバイルアプリのデザインがリニューアル

Facebookメッセンジャーだけでなく、Facebook自体のリニューアルも実施されることがアナウンスされている。新しいデザインは 「F5」 と名付けられており、これまでよりもシンプルで見やすいデザインになり、読み込み速度も向上する。

上記はリニューアルされたデスクトップサイトのデザイン。従来のデザインに比べるとかなり表示がシンプルになっており、どこに何があるのかが分かりやすい。検索バー横の 「ホーム」 や 「通知」 のアイコンの並びも見やすくて良い感じだ。ダークモードも提供されるとのこと。

また、デスクトップサイトのリニューアルに伴い、モバイルアプリのデザインもより見やすく変更される。こちらも基本的にはデスクトップサイトと同じようなシンプルなデザインになり、デスクトップサイトと同じような感覚で使えるようになることが予想される。ダークモードも提供されるが、まずは動画サービス 「Watch」 でのみ利用できるようになる。

これらのリニューアルのうち、モバイルアプリのリニューアルはまもなく行われる予定。デスクトップサイトのリニューアルは今後数カ月のうちに行われるとのこと。

Instagramの 「ストーリー」 のカメラが刷新、画像なしのストーリーも作成可能に

Instagramも大幅アップデートだ。まずは 「ストーリー」 のカメラが新しくなり、「LIVE」 「CAMERA」 「CREATE」 の3つのタブが表示されるように。カメラ機能で撮影する際にはシャッターボタンの左右でフィルター効果などが簡単に選べるようになっている。

「CREATE」 タブでは、画像や動画を入れずにテキストやアンケートなどが投稿できるストーリーが新たに作成可能に。同機能は近日中に世界中で提供が開始される予定だ。

また、セレブなど一部のクリエイターの投稿から直接商品を購入できる機能もアナウンスされており、こちらは近々テストが開始される予定。同機能により、人気女優の投稿に写っている時計や化粧品などの商品ページをワンタップで確認できるようになる。

さらに米国限定で 「ドネーションステッカー」 の提供が開始され、ストーリー上で非営利団体に寄付ができるように。同ステッカーをタップすると、その金額の100%が非営利団体に寄付される。同機能はまずは米国限定で提供されるが、将来的には全世界で利用できるようになる予定であるとのことだ。

Facebookメッセンジャー・Instagram・WhatsAppのメッセージ機能が統一化

以前から噂されていたメッセージ機能の統一化に関して、Facebookから正式なアナウンスがあった。Facebookによると、Facebookメッセンジャー・Instagram・WhatsAppの各アプリで提供されているメッセージ機能が統一化され、アプリを超えてメッセージがやり取りできるようになる。

発表ではイメージ画像が公開されていたが、これ以上の情報は現時点では発表されていない。詳しい内容については今後明らかになっていくことが予想される。

【関連記事】「Oculus Quest」と「Oculus Rift S」の違いを徹底解説 画質はRift S、手軽なVR体験はQuestを選ぼう

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。