【iOS 12】アニ文字がFaceTimeで利用可能に?

「iPhone X」で利用できるユニーク機能「アニ文字」は、今後iPadで利用することができるようになるようだ。

さらに、今までは映像としてメッセージアプリに送信することが可能だったが、通話アプリ「FaceTime」でも利用することができるようになるとみられている。

これを伝えているのはBloomberg。同メディアによると、AppleはOSの品質を高く維持するために、「iOS 12」で搭載されるはずだった新機能の一部を「iOS 13」に延期すると伝えている。

しかし、開発が順調に進んでいる機能に関しては「iOS 12」でリリースされることになるとみられ、そのうちの「アニ文字」機能の拡張に関してはいくつか詳細が判明しているようだ。

アニ文字:「iPhone X」のTrueDepthカメラで絵文字にユーザーの顔を投影できる機能。実際に、絵文字が話しているように見える。

アニ文字がFaceTimeで利用できるように

「iOS 12」のアニ文字機能は、通話アプリ「FaceTime」で利用することが可能になるとみられる。本来であれば、ビデオ通話で顔を見せながら話ができる機能だが、これをアニ文字で代用することができる。

利用するには送信側の端末にTrueDepthカメラが搭載されている必要があると予想されるが、通話相手側の端末もTrueDepthカメラ対応が必須となるかは不明。

また、現在は「iPhone X」でのみ利用可能なアニ文字だが次期iPadでも利用可能になるとのこと。これが本当であれば、当然ながら次期iPadにはTrueDepthカメラが搭載されることが予想される。

そのほかの「iOS 12」の新機能は以下の記事でまとめている。最も注目されているのは、iOSアプリがMacで動作できるようにするという点。具体的にはどのような形になるのかは不明だが、複数のプラットフォームをまたげるようになれば、とても便利になるはずだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。