iPhoneのFaceTimeに深刻な不具合 応答していないにも関わらず相手に声が聞こえてしまう

iPhoneのビデオ通話アプリ 「FaceTime」 に、重大な不具合が見つかった。不具合は海外ユーザーが見つけてTwitterで報告。不具合を撮影した問題の動画は5千以上リツイートされており、世界的に大きな話題となっている。

FaceTimeで応答前に相手に自分の声が聞こえてしまう

この不具合は、かかってきたFaceTime通話に応答していないにも関わらず、声が相手に聞こえてしまうというもの。相手に声が聞こえている最中も、ディスプレイには応答前の画面が表示され続けるため、ユーザーは相手に声が聞かれていることすら気付くことができない、かなり危険なものとなっている。

この不具合は、FaceTimeで相手に発信している間、特定の操作をすることで引き起こすことができる。その方法は、発信中にグループ通話の相手として連絡先から自分の名前を追加するだけ。これで、なぜか相手の声が聞こえてしまうという。

必ずしも同不具合が発生するわけではないようだ。再現しようとした筆者の場合は一度成功することはできたが、その後は自分を追加しようとしたにも関わらず、なぜか違うユーザーに発信されてしまったり、発信が切れてしまったりした。

9to5Macの報告によると、これはiPhone同士だけでなく、iPhoneからMacに発信した際も同様の不具合が発生したという。さらに、着信を受けた側がiPhoneの電源ボタンなどを押すと、FaceTimeカメラの映像も送られてしまったという。非常に危険だ。

この問題はiOS 12.1以降のデバイスで発生している。ユーザー側で防ぐ方法はFaceTime機能をオフにすること以外に今のところ存在しないが、この問題はすでに世界的に大きな問題となりつつあるため、Appleは事態に気付いているだろう。ユーザーのプライバシーを守るためにも、早急な対処が求められる。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。