米Amazon、『Fallout』をオリジナルドラマ化。米Kilter Filmsと共同制作

現地時間7月2日、米Amazonのコンテンツ製作スタジオであるAmazon Studiosは、Bethesda Softworksの人気RPGシリーズ『Fallout』のオリジナル映像作品を製作することを発表した。

同シリーズの製作にはKilter Filmsが携わることが発表されている。また、同時にBethesda Softworksからも同様の発表が行われている。

『Fallout』は、核戦争が起きたあとの世界を描く終末RPG作品。1997年にInterplayから発売された初代から作品を重ねるごとに進化を遂げており、2008年にBethesda Softworksから発売した『Fallout 3』からオープンワールド化。現在の最新作は2018年に発売した『Fallout 76』となっている。

『Fallout』のオリジナル映像作品がどのような作品になるのか、またそもそもドラマになるのかアニメ作品になるのかなども発表されていないため、続報に注目だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。