Facebook、映像配信サービス「Live Video」機能を世界で提供開始

Facebook-logo

現在、「Ustream」や「ニコニコ生放送」「YouTube Live」など様々な動画配信サービスが誕生しているが、多くの人が利用するSNSである「Facebook」でも生中継するサービスの提供を一般向けに開放していることがあきらかになった。

Facebookで動画配信サービスの利用が可能に

昨年にFacebookは著名人向けに生放送機能を実装し、昨年12月には米国内の一部ユーザーに同機能を開放した。

それまでは試験段階という形で、一般ユーザーが利用することは難しかったわけだが、本日から米国以外の一般ユーザーもFacebookアプリから直接動画生配信することができるようになったとのこと。

fblive

使い方は簡単で、自分が配信する場合はスマホでFacebook公式アプリを起動し、ニュースフィード上部にある「近況アップデート」から「ライブビデオ」アイコンをタップするだけ。あとはスマホのカメラを通じて、動画の生配信を行うことができるという。

また、友人が配信しているライブビデオを視聴するには、自分のニュースフィードで友人の配信を発見するか、友人が配信を開始したことを伝える通知からも見に行くことができるとのこと。

ライブビデオでは、現在視聴している人数や見ている人のコメントなどの情報が表示されるほか、ライブ配信終了後に動画を削除するか、ニコ生のタイムシフトのようにあえて放送内容を残しておくことができるという。

まだ僕のFacebookアカウントでは同機能の表示はされていないようだが、今後数週間ほどかけて順次対象ユーザーが拡大していくものと思われる。現在確認されているのは、イギリス、ドイツ、ブラジル、南アフリカで、SNS等を確認する限りまだ日本でのリリースは行われていない模様(記事掲載時)。

今回のライブビデオ機能はまずiOS版からリリースが行われており、Androidでの対応は現在未定になっている。今後利用ができるようになるまではまだしばらくかかるかもしれないが、もし利用をしたいと思っている人は少しだけ気長に待つことにしよう。

[ via Engadget ]

fblive
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう