Figmaが日本法人を設立、日本語版を計画。ブラウザ上で共同編集できるデザインプラットフォームを提供

3月16日、ブラウザ上で共同編集できるデザインプラットフォーム「Figma」 を提供するFigma, Inc.は日本法人を設立。日本へ本格進出すると発表した。

日本法人のカントリーマネージャーには川延浩彰氏が就任する。また、今後数ヶ月をめどに日本語版のリリースも計画している。Figmaの製品が英語以外で公式に利用できるようになるのは、今回が初めて。

なお、設立される日本法人はFigmaにとって初のアジア拠点となる。これまで米サンフランシスコ、英ロンドンにオフィス拠点を構えてきた。

日本法人カントリーマネージャー 川延浩彰氏

Figmaは、Dylan Field氏とEvan Wallace氏によって2012年に設立されたブラウザ上で操作できるソフトウェア。チームで共同編集可能なデザイン設計のプラットフォームで、世界中のどこにいても、チームメンバーとブレーンストーミングをしたり、デザインを設計・構築することが可能。GoogleやMicrosoft、New York Timesなどの企業で利用されている。

Figma共同創業者でCEOのDylan Field氏

日本への設立を決めた背景としてFigmaは、2019年末にFigma本社の営業チームが市場調査として日本を訪れていること、直近1年間で約2倍に拡大した活発なデザイナーコミュニティの存在(ユーザーの登録数ベース)があることを挙げている。

その上で、「日本は、デザインとテクノロジーのグローバルリーダーとしてのポジションだけでなく、デザイン思考を持った楽天、Yahoo! JAPAN、リクルートのようなリーダー企業を含む多くの顧客が存在する重要な市場」 と説明。アジア最初の拠点として日本にFigma Japanを設立するという決断を下したとしている。日本本格進出に伴い、今後は日本国内の採用活動を強化していくとのことだ。

(画像提供:Figma)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。