『FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE』予約受付が開始。デジタルデラックス版にはデジタルアートブック、デジタルミニサウンドトラック付属

2月26日、スクウェア・エニックスは『FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE』の予約受付を開始した。

『FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE』は2021年6月10日に発売予定。価格は通常パッケージ版・ダウンロード版が9,878円、デジタルデラックスエディションは11,501円 (いずれも税込) 。本日から順次予約受付が開始される。

▶︎『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』を購入する
Amazon
SQUARE ENIX e-STORE
PS Store

『FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE』予約受付が開始

『FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE』は、PS4で発売した『FINAL FANTASY VII REMAKE』を強化したタイトル。

グラフィックやフレームレートのPS5向けに改良しただけでなく、フォトモードやユフィを主人公にした新エピソードが追加される。さらに、新難易度としてノーマル難度をCLASSICモードでプレイできる 「Normal (CLASSIC)」 が追加される。

『FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE』には、通常ディスク版と通常ダウンロード版、Digital Deluxe Editionの3種類のパッケージが用意されている。

ディスク版とダウンロード版にはゲーム本編のほか、ユフィの新規エピソードが同梱される。価格はどちらも9,878円(税込)。

Digital Deluxe Editionはゲーム本編のほか、ユフィの新規エピソードにくわえてデジタルアートブック、デジタルミニサウンドトラックが同梱されている。価格は11,501円(税込)。

ちなみにPS4版『FINAL FANTASY VII REMAKE』からPS5版『FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE』には100円(税込)でアップグレード可能で、セーブデータも引き継げる。ただしユフィの新規エピソードは含まれないため、プレイしたい場合は別途2,178円(税込)での購入が必要だ。アップグレードは6月10日以降できるようになる予定となっている。

また、注意いただきたいのは、PS4ディスク版『FINAL FANTASY VII REMAKE』からアップグレードする際には、ディスクドライブを搭載したPS5が必要になるとのことだ。

▶︎『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』を購入する
Amazon
SQUARE ENIX e-STORE
PS Store

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。