「Apple TV」 アプリ、日本でもFire TVシリーズで利用可能に

Fire TV向け 「Apple TV」 アプリがついに日本でも利用できるように。4月1日に配信された同アプリのバージョン3.1のアップデートにより、日本でもAmazonのメディアストリーミングデバイス 「Fire TV」 シリーズで 「Apple TV」 アプリが利用できるようになった。( via ITmedia )

Fire TV向け 「Apple TV」 アプリが日本でも利用可能に

Fire TV向け 「Apple TV」 アプリでは、自分のApple IDでログインすることでiTunesで購入した映画やテレビ番組を視聴できるほか、Apple TV チャンネルのサブスクリプションにアクセスしたり、「Apple TV+」 も視聴することができる。

ただし、Fire TVシリーズを介してコンテンツを購入することはできず、あくまでAppleデバイス側で購入したコンテンツのみを楽しめる仕組みとなっている。新しくコンテンツを購入したい場合は、あらかじめAppleデバイスで購入しておく必要がある。

Fire TV向け 「Apple TV」 アプリは昨年10月に配信自体は開始されていたものの、当時は同アプリを利用できるのが米国やカナダなどの一部の国にのみ限られており、日本では利用することができなかった。Fire TVシリーズを持っている方は早速 「Apple TV」 アプリをダウンロードしてApple TVのコンテンツを楽しもう。アプリのダウンロードはこちらから

関連記事
Apple TV 4K レビュー | 4K/HDRの高画質コンテンツを家庭のテレビで楽しもう。
【レビュー】「Apple TV」 は使ってみると意外と便利。だけど一般ユーザーが買うべきなのか考えてみた

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。