Fire TVシリーズのアップデートが配信。新しいUIが提供、キッズ向け機能も強化

Amazonは、同社ストリーミングデバイス 「Fire TV」 シリーズ向けに、新しいユーザーインターフェイス(UI)への刷新などを含むアップデートの配信を開始した。

今回のアップデートの大きな変更点は、新しいUIの提供が開始されたこと。ナビゲーションバー上の検索が虫眼鏡のアイコンとしてトップに表示されるようになり、従来まで 「探す」 にあったカテゴリーの一部がここに集約。

さらにアプリストア、映画、TV番組、アニメ、キッズ&ファミリーなどの常設カテゴリーに加えて、5つのおすすめカテゴリーのパネルを選ぶことで、コンテンツにフィルターをかけることができるようになり、ユーザーが観たいコンテンツを見つけやすくなった。

追加された 「マイコンテンツ」 タブには、ウォッチリストや購入/レンタルしたコンテンツなどが集約されるようになり、お気に入りのコンテンツを一つのタブでまとめて見ることができるように。

また、ナビゲーションバー上の全てのボタンに、文字だけでなく分かりやすいアイコンを起用したことで、お気に入りコンテンツを探しやすくなった。

今回のアップデートでは、キッズ向け機能の強化も実施されている。

これまでFire TV StickやFire TV Stick 4K Maxに提供されていた 「子ども用プロフィール」 が、新たにFire TV搭載スマートテレビでも利用できるように。プロフィールの追加の際に、「子ども用プロフィール」 から 「はい」 を選択し、名前と誕生日を入力することで設定できる。子ども用プロフィールは最大4名分まで作成可能だ。

子ども用プロフィールを設定すると、保護者は利用できるアプリの管理や視聴時間の制限ができるようになる。設定は 「子ども用のプロフィールの設定」 から。

また、Fire TV StickおよびFire TV Stick 4K Max 向けに提供されていた子ども向け定額サブスクリプションサービス 「Amazon Kids+」 が新たにFire TV搭載スマートテレビでも利用できるようになった。

プライム会員ユーザーは月額480円、プライム会員以外のユーザーは月額980円で、Amazon Kids+でしか視聴できないコンテンツを含む、数多くのアニメ/映画/歌番組/キッズカラオケなどを楽しむことが可能だ (価格はいずれも税込) 。

(画像提供:アマゾンジャパン)

Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
Amazon、Prime Videoおよび関連する全てのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
Amazon、Amazon Musicは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。