「Fire TV」 シリーズが最大30%オフ、5月7日まで。「Fire TV Stick」 や 「Fire TV Cube」 が対象

Fire TVシリーズが最大30%オフとなるセールが、Amazon.co.jpにて期間限定で開催中だ。

今回セールになっているのは、Amazonのストリーミングメディアプレーヤー 「Fire TV」 シリーズから3製品 「Fire TV Stick」 「Fire TV Stick 4K Max」 「Fire TV Cube」 。いずれのデバイスもテレビに接続し、家庭内ネットワークに繋ぐことでPrime VideoやYouTube、Hulu、Netflix、AbemaTV、DAZN、dTVなどの多数の映像コンテンツが視聴できる。

セール名:「Fire TVシリーズがお得 ¥3,480から」
セール期間:2022年4月24日〜5月7日

Fire TV Stick
4,980円 → 3,480円 (30%オフ)

Fire TV Stick 4K Max
6,980円→4,980円 (29%オフ)

Fire TV Cube
14,980円→11,980円 (20%オフ)

「Fire TV Stick」 は、Fire TVシリーズの中でもエントリーモデルの位置付けの製品。上記コンテンツをフルHD画質で楽しめる。

 

「Fire TV Stick 4K Max」 は、従来の 「Fire TV Stick 4K」 を40%パワフルにし、1.8GHzクアッドプロセッサーと2GBのRAMを搭載したことで、アプリの起動がより高速になり、コンテンツの検索やアプリの切り替えなどもスムーズに。また、Fire TVシリーズで初めてWi-Fi 6に対応し、 高精細な4Kビデオコンテンツを滑らかに再生できるだけでなく、 Wi-Fi 6に接続した複数のデバイスでストリーミング再生する際にも安定した接続を可能にした製品。

「Fire TV Cube (第2世代)」 はFire TVシリーズ最上位モデル。シリーズ史上もっともパワフルな性能になっており、ヘキサコアの内蔵プロセッサを活かし、4K/60fpsの美麗な映像を出力可能。また、「Fire TV Stick 4K Max」 と同様にDolby VisionやHDR 10+、Dolby Atmosといった技術もサポートする。

「Fire TV Stick 4K Max」 と 「Fire TV Cube (第2世代)」 の違いは、「Fire TV Stick 4K Max」 のみWi-Fi 6に対応しているのに対し、「Fire TV Cube (第2世代)」 はホームエンターテイメント機器をハンズフリーで操作できること、内蔵スピーカーによって音声が出力でいること、ストレージ容量が16GBと少し多いことが挙げられる。

映像の質だけでみた場合は 「Fire TV Stick 4K Max」 でも十分だが、音声操作など機能にこだわりたいのなら 「Fire TV Cube (第2世代)」 も悪くはないのではないだろうか。

Fire TV Stick
4,980円 → 3,480円 (30%オフ)

Fire TV Stick 4K Max
6,980円→4,980円 (29%オフ)

Fire TV Cube
14,980円→11,980円 (20%オフ)

(画像:アマゾンジャパン)

注:当記事に掲載されている価格など可変的情報については、記事掲出時のものであることに注意してください。
Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
Amazon、Prime Videoおよび関連する全てのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
Amazon、Amazon Musicは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。