Apple、2021年にミニLEDディスプレイ搭載iPad Proを発売か

ミニLEDディスプレイを搭載したiPad Proは、やはり2021年に登場することになるのかもしれない。

Omdiaのディスプレイ部門シニアリサーチディレクターXie Qinyi氏は、Appleが2021年にミニLEDディスプレイを搭載した初のiPad Proを発売すると予想していることがわかった。中国メディア工商時報が伝えている。

2021年にミニLEDディスプレイを搭載したiPad Proが登場へ

Xie Qinyi氏によると、Appleは2021年にミニLEDディスプレイを搭載した12.9インチiPad Proを発売するという。また、ハイエンドタブレットに有機ELディスプレイを採用してきたSamsungも、おなじくミニLEDディスプレイを採用した8.9インチタブレットを発売予定であるようだ。

AppleやSamsungからの受注を獲得するため、台湾AUOや中国BOEといったディスプレイ製造会社は、これらの会社に積極的にディスプレイのサンプルを送っているという噂があるとのこと。

Appleが2021年にミニLEDディスプレイを搭載した12.9インチiPad Proを発売することで、ミニLEDディスプレイの需要が大きく増加。ディスプレイ製造会社は大きな利益を得るというのがXie Qinyi氏の予想だ。

ミニLEDディスプレイとは
現行のLEDよりも小さな発光ダイオードを使用することでディスプレイの色域表現をより広くし、高いコントラストやダイナミックレンジの表現が可能になると言われている。また、消費電力の向上やディスプレイの薄型化も期待できるが、その分コストの増加も危惧されている。

ミニLEDディスプレイを採用したiPad Proは、本来であれば2020年の投入が予定されていたものの、新型コロナウイルスの影響により2021年に遅れる可能性が濃厚とされている。著名アナリストMing-Chi Kuo氏も今年5月の段階で2021年の登場をレポートで伝えていた

また、Kuo氏によればiPad Proのほかにも、16インチMacBook Proや14.1インチMacBook Pro、iMac Pro、10.2インチiPad、7.9インチiPad miniなどの製品にもミニLEDディスプレイが搭載される予定。AppleがミニLEDディスプレイの技術に巨額の投資を行なっていることも踏まえると、現行の液晶が搭載されたモデルは徐々に数を減らしていく可能性が高い。

[ via Macお宝鑑定団Blog(羅針盤) ]

関連記事
新型iMacやiPad Airは2020年後半に発売。8.xインチiPad miniとミニLEDディスプレイ搭載iPad Proは2021年前半:DigiTimes報道
ミニLEDディスプレイを搭載したApple製品は2021年以降に登場か

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。