Fitbitの新型活動量計「Charge 3」、国内では11月に発売予定 価格は19,980円

20日、Fitbitは新型活動量計「Charge 3」を発表、米国ではすでに予約受付も開始されているが、同製品の国内での発売時期や価格が明らかになっている。

Fitbitが公開したプレスリリース(日本向け)によると、「Charge 3」は国内では11月に発売予定。希望小売価格は19,980円になる予定だ。まだ予約開始は始まっておらず、近いうちに予約受付が開始されるものと予想される。

「Charge 3」は、活動量計「Fitbit Charge」の最新モデル。機能が向上した高級防水設計を特徴として、タッチインターフェイス、15個以上の目標を設定できるエクササイズモード、最も重要な情報を常時入手するために不可欠なスマート機能、最長7日間のバッテリー寿命、そしてトラッカーにおけるフィットビットの最も高度なセンサーとアルゴリズム技術を備えた。

製品の詳細は以下の記事から確認を。

フィットビットの共同創設者兼CEOのジェームズ・パークは、以下のようにコメントしている。

Fitbit Charge 3では、ベストセラーであるChargeシリーズの成功を活かし、最も革新的なトラッカーを実現しました。また、ユーザーが求める高度な健康とフィットネス機能と併せ、スリムで快適な高級デザインを提供しています。Fitbit Charge 3は、フィットビットの既存ユーザーにとってアップグレードの気持ちを抑えることのできない魅力があり、より洗練された快適なウェアラブルデバイスを求める新規ユーザーを魅了するトラッカーになることでしょう。当社は、トラッカーからスマートウォッチまで幅広い製品を提供することにより、何百万人ものユーザーに対して選択肢を提供し、その需要に応えるべく懸命に取り組んでいます。これにより、ウェアラブル市場全体におけるシェアの拡大を目指します。

「Fitbit Charge 3」は、グラファイトのアルミケーシングのブラック、またはローズゴールドのアルミケーシングのブルーグレーの2色展開。本体の希望小売価格は19,980円(税込)、アクセサリは2,970円~3,650円(税込)の価格帯で販売予定。

また、Fitbit独自のモバイル決済Fitbit Payが利用できる「Fitbit Charge 3スペシャルエディション」の希望小売価格は23,630円(税込)となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。