Fitbit、新型スマートウォッチ「Versa」を日本でも発売へ 発売は2018年第2四半期を予定

現地時間12日、Fitbitは新型スマートウォッチ「Fitbit Versa」を発表していたが、同デバイスの日本での発売が発表されている。

「Fitbit Versa」は、Fitbitが販売しているスマートウォッチの中でも最軽量のモデルで、昼夜問わず装着し続けられる心地よさや耐久性、利便性を兼ね備えている。本体は丸みを帯びたデザインが採用されているおかげで、女性でも装着しやすいのが特徴だ。

同デバイスは、すでに販売されている「Fitbit Ionic」と同様、心拍数の計測やワークアウトの表示、睡眠の自動記録などが可能。ただし、「Fitbit Ionic」に比べてバッテリー持ちが少し悪かったり、GPSが搭載されていないなど劣る点もあるようだ。いわゆるエントリーモデルに近い存在なのだろう。

また、同デバイスは女性向けモデルということで、女性の健康状態を計測できる機能が新たに搭載。生理周期や総体的なヘルスデータをまとめて確認することができるようになっており、生理と日々の健康状態がどのように関係しているかを理解する手助けをしてくれる。

「Fitbit Versa」の日本での価格は28,490円(税込)。Fitbit Versaスペシャル・エディションは31,320円(税込) 、アクセサリーは3,824円~11,824円(税込)の価格帯で販売される。

カラーラインナップはブラックバンドとブラックのアルミケーシング、グレーバンドとシルバーのアルミケーシング、ピーチバンドとローズゴールドのアルミケーシングの3種類が用意され、発売は2018年第2四半期を予定しているとのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。