【予約開始】「Fitbit Versaライトエディション」 「Fitbit Inspire / Inspire HR」 Amazonで予約受付スタート、価格も明らかに

3月8日、スマートウォッチや活動量計を開発・販売するFitbitは、今月6日にグローバルで発表した新型スマートウォッチ 「Fitbit Versa ライトエディション」 と活動量計 「Fitbit Inspire/Inspire HR」 、そして子ども向け活動量計 「Fitbit Ace 2」 の国内販売価格を発表した

Fitbitの各種新型デバイスの国内販売価格が判明、予約受付も開始

Fitbit Versa ライトエディション」 は昨年3月(国内では6月)に発売した 「Fitbit Versa」 の低価格モデル。「Fitbit Versa」 に搭載されていた機能をいくつか省くことで価格を抑えることに成功した。

アクティビティの自動記録、24時間心拍数を測定するPurePulse、睡眠ステージ記録、目標に基づいた15種類以上のエクササイズモード、GPS接続機能、スマートフォン通知機能、アプリ、4日間以上のバッテリーライフが同製品の特徴。さらに血液中の酸素量の変動を測定し、睡眠時の無呼吸など健康状態を示す新しい指標を追跡する相対SpO2センサーなど、Versaの持つフィットネスとスマート機能のコア機能の殆どを備えた毎日使えるスマートウォッチとなっている。

国内での販売価格は25,290円(税込)で、Fitbitによると今月中に発売予定とのこと。カラーラインナップはホワイト、ライラック、マルベリー、マリーナブルー、チャコールの全5色。これらはAmazonですでに予約受付が開始されており、3月15日に発売、22,952円(税込)で購入可能と表示されている。ただし、マリーナブルーのみ25,290円(税込) で販売されており、発売日も4月1日との表示だ。

Fitbit Versa Lite
25,290円

Fitbit Inspire/Inspire HR」 は、 従来モデルの活動量計 「Fitbit Alta」 を置き換える新製品。本体デザインにはほぼ変更は加えられていないものの、タッチスクリーンが搭載されたことで、スワイプ・スクロール操作に対応した。さらに、エクササイズと睡眠測定、目標達成のお祝い、運動リマインダー、タイマーとストップウォッチ機能を含む、消費者がモチベーションを持ち続けるために欠かせない健康と体力づくりの機能が備わっている。

また、上位モデルの 「Inspire HR」 に関しては心拍数の測定が可能。さらに目標に基づいた15種類以上のエクササイズモードが利用できるなどいくつかの違いも設けられている。

「Inspire」 「Inspire HR」 のバッテリー持ちは前モデルと同じく5日間。引き続き防水仕様で、水泳のデータ測定に対応する。また、女性向け機能として生理周期予測なども利用可能だ。

「Fitbit Inspire / Inspire HR」 の価格は、Fitbit Inspire」 が11,790円(税込)、「Fitbit Inspire HR」 が21,470円(税込)。3月15日に発売予定、こちらもすでに予約受付が開始されている。カラーラインナップは、「Fitbit Inspire」 がブラックとサングリア、「Fitbit Inspire HR」 がブラック、ライラック、ブラック/ホワイトのツートン。

Fitbit Inspire
11,790円
Fitbit Inspire HR
21,470円

また、これらのスマートデバイスと同時に発表された子ども向け活動量計 「Fitbit Ace 2」 の価格も発表されている。価格は11,790円(税込)、こちらは2019年第2四半期に発売予定で、現時点ではまだ予約受付はスタートしていない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。