Suica対応の 「Fitbit Charge 4」 がまもなく発売。JR東日本が告知

1月28日、JR東日本はFitbitのフィットネストラッカー 「Fitbit Charge 4」 で、Suicaが利用可能になることを発表した。対応は3月上旬からを予定している。

Suica対応の 「Fitbit Charge 4」 が発売へ

JR東日本によると、Fitbitのウェアラブルデバイス 「Fitbit Charge 4」 でSuicaが利用できるようになるとのこと。Fitbit Charge 4のアプリケーションでSuicaの発行やGoogle Payによるチャージが利用できるようになるとのことだ。

ただし、Suicaに対応するのはあくまでも新たに発売する “Suicaに対応したFitbit Charge 4” だけになる予定で、すでに販売されているモデルではSuicaを利用することはできないとのことなので注意いただきたい。Suicaに対応したFitbit 4の発売日については後日改めてFitbitの公式HPで発表するとしている。

「Fitbit Charge 4」 は、Fitbitの活動量計 「Charge」 シリーズの最新モデル。先代の 「Fitbit Charge 3」 から製品デザインがほとんど変わっていないが、新機能としてGPSが内蔵され、ユーザーの位置を正確にトラッキングできるようになった。

GPSは各種アクティビティで生かされるほか、Fitbitが提供するアプリ上でワークアウトの結果をマップで確認することが可能になる。マップには最もワークアウトの質が高かったポイントと距離が示されるという。

さらにSpotifyの音楽再生コントロール機能やSpO2センサーによる血中酸素濃度の推定計測機能、決済サービスFitbit Payも利用できる。もちろんこれまで使えていた睡眠トラッキングなども引き続き利用可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。