折りたたみiPhoneは2024年に延期?著名アナリストが伝える

Appleは来年以降、画面内蔵Touch IDを搭載したiPhoneや、折りたたみiPhoneを発売すると噂されている。

しかし、これらのiPhoneの発売が1年延期された可能性があるという。TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が、最新の投資家向けレポートの中で伝えた。

画面内蔵Touch ID搭載iPhoneが2023年、折りたたみiPhoneが2024年に発売延期か

以前Kuo氏は、画面内蔵Touch IDを搭載したiPhoneが2022年、折りたたみiPhoneが2023年に発売予定であると伝えていたが、今回のレポートでその予測を修正。

改めて、画面内蔵Touch IDを搭載したiPhoneは2023年、折りたたみiPhoneは2024年に発売予定であると伝えた。

折りたたみiPhoneの発売が1年後ろ倒しになった理由について、Kuo氏は開発の進捗が予想を下回っていることを挙げた。また、画面内蔵Touch IDについても同様の理由で導入が遅れているとのこと。この延期により、2022年と2023年は、iPhoneの出荷台数が減少するだろうとも語っている。

また、Kuo氏は “Appleの長期的な目標は画面内蔵Face IDを実装すること” であると述べている。これについては以前、BloombergのMark Gurman記者が情報を伝えていたことと同じ。画面内蔵Touch IDについても社内で検証を重ねているとのことだが、Appleはやはり画面内蔵Touch IDを優先事項と捉えていない可能性が高そうだ。

折りたたみiPhoneについては、各社スマートフォンメーカーに対抗するため、Appleは社内で開発を続けているようだ。これまでの噂では、ディスプレイサイズは7.5インチ~8インチとなる予定と伝えられている。

(via 9to5Mac)

関連記事
iPhone 14 Proはホールパンチデザインを採用?画面内蔵Touch IDの搭載は2023年モデルに延期とKuo氏
iPhone 13 全種類の性能・違いを比較。iPhone 13 mini/13/13 Pro/13 Pro Max、オススメはどのモデル?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。