Appleはフォルダブルデバイスの開発を進めている?折りたたみ式のiPadは2021年、そのあと折りたたみ式iPhoneも発売か

成熟したスマートフォン市場の次なる成長として期待されている 「折りたたみ式スマートフォン」 、英語では 「フォルダブルフォン」 。すでにSamsungHuaweiが折りたたみスマートフォンを年内に発売することを発表しているが、そのうちAppleも折りたたみ式デバイスに手を出すことになるかもしれない。

スイスのチューリッヒに本拠を置く世界最大級の金融グループUBSは、新しい投資家向けレポートを公開。同レポート内でAppleの現在の折りたたみデバイスに関する情報を提供している。

(上記画像はLetsGoDigitalが公開したコンセプト)

Appleは2021年に折りたたみ式デバイスを発売か

投資家向けレポートによれば、Appleは現在折りたたみ式デバイスの開発に向けて着実に研究開発を行っており、早くて2020年にも折りたたみ式デバイスを発売する可能性があると伝えた。ただし、UBSは2021年の方がより可能性が高く、来年に折りたたみデバイスが登場する可能性はやや低めであることも伝えている。

ちなみに、SamsungやHuaweiはスマートフォンに折りたたみ技術を導入しているが、Appleの場合はiPhoneではなく、iPadに先に折りたたみ技術を投入する可能性がある。

折りたたみ化することでiPadはよりコンパクトになり、持ち運びしやすくなるかもしれない。しかし、弊害としてコストの増加が起こり、端末価格が上昇する可能性がある。

具体的にどれほど価格が上昇するかは不明だが、Samsungの折りたたみ式スマートフォン 「Galaxy Fold」 が2,000ドル(約21万円)であることを考えたら、iPadはかなり高額になることもありえるだろう。

そうはいっても、Appleのファンは懐が深いのは有名。UBSのアナリストは、Appleユーザーは600ドル(約63,000円)程度までなら追加で支払うことを厭わないと分析。つまり、iPad Proの最安モデルが153,000円(税別)で販売されたとしてもユーザーは購入するという分析だ。ちなみに、現在のiPad Proは最安モデルで89,800円(税別)で販売されている。

9月発売予定のGalaxy Fold

ちなみに、UBSはiPhoneのフォルダブル化も示唆しており、iPadだけでなくいずれiPhoneも折りたたみ式になる可能性は十分にありそう。当然、iPhoneの場合もコスト増加による端末価格の上昇が考えられる。現在、Appleは 「iPhone XS」 を112,800円(税別)で販売しているが、もし折りたたみ技術が導入されたら17万円以上になる可能性がある。

果たしてこれほど高額化したiPhoneを一体どれほどのユーザーが購入できるだろうか。そもそも折りたたみスマートフォンはスマートフォンの未来なのだろうか。その答えはHuaweiやSamsungの折りたたみスマホが少し証明してくれるだろう。これらのスマートフォンは今秋に発売予定だ。

関連記事
折りたたみ式のiPadが2020年に発売?5Gをサポートか
Apple、スマホの折りたたみ技術の特許を取得 将来のiPhoneは折りたたみ式に?

iPad mini Wi-Fi 64GB - スペースグレイ (最新モデル)
iPad mini Wi-Fi 64GB

posted with amazlet at 19.08.07
Apple(アップル) (2019-03-28)
売り上げランキング: 676
Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 64GB) - シルバー (最新モデル)
Apple(アップル) (2018-11-07)
売り上げランキング: 3,407

[ via CNBC ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。