AppleとGoogleが人気バトロワ『Fortnite』配信停止。開発元Epicは 「1984」 のパロディで批判

8月14日、AppleとGoogleはEpic Gamesの人気バトロワゲーム『Fortnite (フォートナイト)』をそれぞれのアプリプラットフォームから削除した。

これはEpic GamesがAppleおよびGoogleの課金システムを利用せずに、ユーザーが直接Epicのストアから課金できるようにしていたためで、それぞれのストアの利用規約に抵触したことからアプリの削除が行われたかたちとなる。

『Fortnite』がApp Store・Google Playから削除

App StoreやGoogle Playストアはどんなパブリッシャーでもアプリを配信することが可能。ただし配信するにはそれぞれの審査が必要で、いくつかのガイドラインに則していることが要求される。その中に、ユーザーに課金をさせる場合はAppleやGoogleの提供する決済システムを使うことが求められている。

この決済システムを利用することで、ユーザーが課金した金額の30%がAppleないしGoogleに入る仕組みとなっている。これを守らないアプリはこれまですべて排除されてきた。

『Fortnite』はこの既存の決済システムを使わず、独自の決済システムによって購入できるシステムを導入したことが問題視された。Appleは声明の中でこう主張している。

Epic Gamesが導入した機能は、Appleの審査や承認を受けておらず、またApp Storeにおけるガイドラインに違反しているという明確な認識があったと認められる。

この独自決済システムのルールに異論を唱えるのがEpic Games。AppleとGoogleはすべてのパブリッシャーに対して既存決済システムの導入を求めているものの、ごく限られたパブリッシャー(Amazonやマクドナルドなど)に対して、独自の決済システムの導入を認めている。この事実を盾に、AppleとGoogleに対して『Fortnite』も同様に独自の決済システムの導入を認めるべきと反論している。

今回のアプリ削除を受け、Epic GamesはAppleとGoogleに訴訟を起こすことを発表している。さらにAppleに対しては1984年のCM 「1984」 のパロディで批判キャンペーンを展開中だ

パロディ動画の最後には『Epic GamesはApp Storeの独占に対抗した。報復として、Appleは10億ものデバイスにインストールされているFortniteをブロックした。2020年が 「1984年」 になるのを防ぐ戦いに参加しよう』というテロップが流れる。

 

▼元ネタ (AppleのCM 「1984」 )

ちなみにこの 「1984」 は、初代Macintoshが発売する2日前のスーパーボウルで放映されたCM。全体主義国家による恐怖政治を描いたジョージ・オーウェルの小説『1984」をもじって作られた作品だ。

全体主義の独裁者であるビッグ・ブラザーの演説が行われているスクリーンに対してハンマーを投げつけ、爆発させるという一見ややセンセーショナルな内容にも見えるが、実はAppleがMacintoshで、わかりづらいPCのシステムから人々を解き放つという意味が込められていた。

AppleやGoogleの独占については、今回の件だけでなく多方面から批判が相次いでいる。つい先日には、(理由は異なるものの) 「Microsoft xCloud」 のApp Storeでの配信が拒否されたことからゲームユーザーから批判が寄せられていた。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。